【iPad】カメラを使って測量!Measureアプリでモノを測ってみる

iPad

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

学生のころからPCに興味を持っており、今ではPCだけでなくスマホ・タブレットやIoTなどのデバイスを使ってみることを趣味としています。

タブレットはiPadを2年ほど使っています。
最初はなんとなくで購入しましたが、今では家でスマホの代わりに外ではPCの代わりに使っていて様々な用途に適用できるので非常に重宝しています。

今回は、そのiPadのアプリ「Measure」を使ってみました。
こちらのアプリはカメラで写したものの長さを測ることができます。
またこのアプリはiPhoneにもインストールできます。

スポンサーリンク

iPadにMeasureをインストールする

App Storeからアプリをインストールします。

「入手」をタップします。
iPad Measure インストール

認証を行います。(ここでは指紋認証)
認証後にインストールが開始します。
なお無料でインストールできます。
iPad Measure 認証

インストールが完了しました。
「開く」をタップするとアプリが起動します。
iPad Measure インストール完了

アプリが起動するとカメラへのアクセス許可を求められるので、「OK」をタップします。
iPad Measure カメラアクセス

アプリが起動しました。
iPad Measure アプリ起動

Measureアプリを使ってモノを測ってみる

アプリを起動したら、まずはモードを選択します。
ここでは「定規」を選択します。
iPad Measure 定規

使い方は簡単です。
まずは測りたいモノをiPadのカメラに収めます。
始点を決めたら画面をタップします。
iPad Measure カメライン

始点を決めたらiPadを動かくことでその方向の長さをリアルタイムに表示してくれます。
iPad Measure 長さ表示

ただ始点の場所が分かりづらいので慣れるまではちょっと操作が何度か必要かもしれません。
iPad Measure 慣れ

何回か測って慣れた後に、郵便ポストの高さを測ってみました。
測量後は「削除」か「戻る」をタップすると表示情報をリセットできました。
iPad Measure 測る

ただ測量結果は参考値として考えておいたほうが良さそうではあります。

今回の一言・・・

試しに使ってみましたが、使い方は簡単なので部屋の模様替えなどで気軽に測量したい場合に役に立ちそうです。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いアプリライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました