ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » iPad » 【iPad】アップルペンシルでより便利に!スクリブルを試しに使ってみる

【iPad】アップルペンシルでより便利に!スクリブルを試しに使ってみる

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

今月にiPadOSの新バージョン(iPadOS 14)がリリースされたので、早速アップデートして使ってみています。

iPadOS 14になって追加された機能の1つにアップルペンシル操作による「スクリブル」という機能があります。
このスクリブルを使うと、手書き文字をそのままテキスト変換してくれたりします。
※ただし今のところはアルファベット(英語)のみ変換可能です。

今回は、このスクリブルの説明・練習ウィンドウでアップルペンシルを使いスクリブル操作を行ってみました。

スポンサーリンク

スクリブルの練習をしてみる

iPadOS 14にアップデート後、iPadOSとアップルペンシルを接続すると以下のようなウィンドウが表示されました。
こちらからスクリブルの使い方や練習を行うことができます。
iPadスクリブル ようこそ

また、「設定」から「Apple Pencil」>「スクリブルを試す」をタップすると上記のウィンドウが表示できます。
iPadスクリブル 使い方表示

ウィンドウの「続ける」をタップします。
iPadスクリブル 続ける

スクリブルを試す」ウィンドウが開きます。
iPadスクリブル ウィンドウ開く

こちらのタグをタップすることで、手書き・削除・選択・挿入・結合の5種類のスクリブル操作の説明を受け、使い方を試すことができます。
iPadスクリブル 使い方試す

それぞれのタブを開くと、操作方法を教えてくれます。
そのあとにそれにならって同じように操作すればオーケーです。

手書き

スクリブルのメイン機能です。
アップルペンシルで手書きした文字を読み取ってテキスト変換してくれます。
iPadスクリブル

「Japan」と打ち込むと、きちんと変換してくれました。
iPadスクリブル 手書き変換

ただしこちらの機能は英語のみに対応しています。
例えば「おはよう」と入力してみると・・・
iPadスクリブル 英語のみ

このようにひらがなではなく、なんとなく近い文字列に変換されました。
iPadスクリブル ひらがな変換

漢字はいけるかなと思い「中」と書いてみます。
iPadスクリブル 漢字

漢字もダメでした。
今のところアルファベット限定になりますが、書いた文字がデータ化されるのは感動があります。
iPadスクリブル 漢字ダメ

削除

削除はアップルペンシルで消したい文字をこすることで削除できます。
iPadスクリブル 削除

削除できました。
iPadスクリブル 削除完了

選択

アップルペンシルでテキスト部分を囲むとその部分をコピーしたりと操作ができます。
iPadスクリブル 選択

このように囲った部分が選択されメニューが表示されます。
iPadスクリブル メニュー

挿入

こちらは使うのに多少コツが入りました。
挿入したい部分にアップルペンシルを当てそのまま長押しすることで、入力スペースが表示されます。
iPadスクリブル 挿入

結合

こちらはテキスト箇所に線を引くことで、文字列の結合や分離を行うことができます。
iPadスクリブル 結合

今回の一言・・・

スクリブルは直感的に操作できるので、だいぶアップルペンシルが使いやすくなっています。
iPadとアップルペンシルを持っていたらぜひ一度試してみてください。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。