ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Google » 【Google】Chromeの拡張機能でテキスト保存!「Memex」を使う

【Google】Chromeの拡張機能でテキスト保存!「Memex」を使う

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

Webサイトを見ていて保存しておきたいテキストやリンクを貼りたい文章があるかと思います。
そんな時のために簡単にテキストを保存できるChromeの拡張機能「Memex」を使ってみました。
これを使えばサイトのテキストをただ保存するだけでなく、ハイライトといった一部を強調した状態で保存することもできます。

この拡張機能「Memex」はChromeとFirefoxで使えますが、ここではChromeに追加して使用します。

スポンサーリンク

MemexをChromeブラウザに追加する

拡張機能はChromeウェブストアから追加できます。

「Memex」のページはこちらです。

ページが開いたら、「Chromeに追加」をクリックします。
Memex ストア追加

ウィンドウが表示されたら、「拡張機能を追加」をクリックします。
Memex 機能追加

追加が完了すると、URL横にアイコンが追加されます。
合わせてMemexの使い方のサイトが開きます。
Memex 追加完了

URL横のアイコンをクリックするとメニューが表示されます。
Memex メニュー

Memexでテキストを保存する

保存の仕方は簡単です。
Webサイトを開き、保存したい部分を範囲選択します。

範囲選択するだけで、Memexの操作マークが表示されます。
Memex 範囲選択

操作は、「Annotate」と「Create Link to Highlite」の2種類があります。

一番左の「Annotate」をクリックします。
Memex 保存

テキストを取得できました。
「Save」をクリックすると保存できます。
Memex テキスト取得

なお、Chromeブラウザの右にカーソルを持っていくとMemexのメニューが開きます。
Memex メニュー

次は、テキストを「Create Link to Highlite」で保存します。
Memex「Create Link to Highlite」

同じくテキストを取得できました。
Memex テキスト保存

一旦取得したテキストはクリックすることでサイトとその箇所を開くことができます。

「Create Link to Highlite」で取得したテキストは再度ハイライトして表示することができます。
「Create Link to Highlite」再度表示

基本的な使い方はこのような感じです。

他にもメニューを見ると、お気に入りやノート・タグ・ページの追加ができるようです。
自分の使いたいような使い方を見つけるのもいいかもしれません。

今回の一言・・・

普段Googleなどを使って検索していろいろなページを開きます。
気に入ったサイトはお気に入りに入れたりしますが、気に入った箇所はなかなか保存する習慣はありません。
お気に入りにするほどでもないけど、ちょっとした知識としてテキストの一部を取得したい場合は今回の拡張機能を使ってみるのもありでしょう。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。