ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【Chrome】読めない漢字も大丈夫!手書き検索を試す

calendar

こんにちは、K.Kです😀

例えば本を読んでいて、読めない漢字をChromeで検索しようとして困った経験などはないでしょうか。
読み方のわからない文字を検索するのは非常に困難です。

そこで、今回はChromeの機能にある「手書き入力」を有効にして使ってみました。
手書き入力を使えば、Chromeの検索画面で手書きで文字を入力することができます。
これで難しい漢字の読み方や意味を調べることができます。

今回、手書き入力を試したのはAndroidでChromeのバージョンは「74」です。

スポンサーリンク

Chromeの手書き入力を有効にする

手書き入力を使えるようにするには「検索の設定」画面を開く必要があります。
しかし、AndroidのChromeから開き方がわからなかったので、サポートから検索して開いています。

Chromeの右上にある「︙」をタップして、「設定」をクリックします。
ここの設定画面には、手書き入力の項目はありません。
右上の「?」をタップします。
Chrome手書き入力 探す

サポートの検索窓に「手書き」と入力します。
Chrome手書き入力 サポート

検索結果に出た「手書き入力による検索」をタップします。
Chrome手書き入力 検索結果

「手書き入力による検索」画面が開きます。
Chrome手書き入力 検索結果

本文内の「検索の設定」をタップします。
Chrome手書き入力 検索の設定

「検索の設定」画面が開きます。
Chrome手書き入力 検索の設定

この画面下にスクロールすると、「手書き入力」項目が見えてきます。
「有効にする」にチェックを入れます。
Chrome手書き入力 有効

有効にしたら、画面下の「保存」をタップすると変更が反映されます。
Chrome手書き入力 保存

Chrome手書き入力を使う

手書き入力を有効に設定して保存すると、以下の使い方の画面が開きます。
Chrome手書き入力 使い方

画面上に指やスマホ用ペンで書いた文字を認識してくれます。
Chrome手書き入力 文字をかく

以下は、「霰(あられ)」を文字で書いて認識したところです。
Chrome手書き入力 あられ

ただ文字の認識は早いので、一文字を早く書き上げる必要があります。

以下は「烏鵲(うじゃく)」と書こうとして失敗しました。
「烏」はうまく書けたのですが、「鵲」は途中で「昔」だけで認識されました。
Chrome手書き入力 うじゃく失敗

こちらは成功例です。一文字は休まず一気に書くのがコツです。
Chrome手書き入力 うじゃく成功

もちろんそのままタップすれば検索結果を表示できます。
Chrome手書き入力 検索結果

今回の一言・・・

漢字の読みや意味がわからない思い出せないというもどかしい時も、この機能を使えばChromeで検索できます。
Androidなので、手書きをするのはスマホやタブレットとも相性がいいです。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。