ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Google » 【Android】Avast Battery Saverを使ってみた

【Android】Avast Battery Saverを使ってみた

calendar

こんにちは、K.Kです😀

今使っているAndroidスマホは数年経ちますが、バッテリーの減りが激しくなってきました。
本当は新しいスマホに乗り換えるのがベストなのですが、バッテリー節約アプリがあるのでそれを使ってみました。

スポンサーリンク

Avast Battery Saver バッテリーセーバーをインストールする

インストールはGoogle Playのここから行えます。

「インストール」をタップします。
Avast Battery Saver インストール

情報アクセスを確認して、「同意する」をタップします。
Avast Battery Saver 同意

インストールは数秒で終わります。
インストール完了したら、「開く」をタップします。
Avast Battery Saver インストール完了

これでAvast Battery Saverが起動します。

Avast Battery Saverでバッテリー時間を増やす(初回)

初回起動は少し設定が必要になります。

起動後少し待ちます。
Avast Battery Saver 起動後

広告あり(無料)か広告なし(有料)を選択できます。
ここでは「広告ありで続ける」を選択します。
Avast Battery Saver 広告

起動するとすでにバッテリーが急激に減っている状態になっていました。
背景色が緑だとバッテリーがたくさんある、赤だとバッテリーが減っているという状態のようです。
Avast Battery Saver バッテリー減る

アプリ停止が始まります。
Avast Battery Saver アプリ停止

初回だと適正化を求められます。
「許可する」をクリックします。
Avast Battery Saver 許可する

ユーザー補助設定を有効にします。
「ユーザー補助を開く」をクリックします。
Avast Battery Saver ユーザー補助

ユーザー補助画面が開きます。
「アバストバッテリーセーバー」とある項目をタップします。
Avast Battery Saver ユーザー補助

「OFF」をタップします。
Avast Battery Saver OFF

Avast Battery Saverに他のアプリを停止する権限を与えます。
「OK」をタップします。
Avast Battery Saver 停止

これでアプリが停止され、バッテリー時間が延長されます。
アプリ停止と言っても、アプリ履歴には残るので使いたいときにアプリをすぐに起動できます。

Avast Battery Saverを使う

バッテリーに余裕がある状態だとこのように緑色になります。
残り時間が減っていくと、アプリ停止ボタンが表示されます。
Avast Battery Saver 緑

また充電中は、何時間で満充電になるかが表示されます。
Avast Battery Saver 充電中

他にも便利機能があるのですが、クリーンアップという無駄なデータを削除してスマホのストレージを増やす機能もあります。
Avast Battery Saver セーフクリーン

364MB空き容量ができました。
Avast Battery Saver 空き容量

今回の一言・・・

ほっておくとアプリを開いてそのままになることが多いので、こういう定期的にアプリを停止するアプリを入れておくとバッテリーにも優しい使い方ができそうです。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。