【Android】スクリーンセーバーをオンにする

Google

こんにちは、けーどっとけーです😀

ずっとスマートフォンはAndroidを使用しています。
今現在はシャープ製のスマートフォン「AQUOS sense3」を使用しています。

Android 10にバージョンアップして使っているのですが、Andoridにも「スクリーンセーバー」を設定できるようなので設定してみました。
スクリーンセーバーは、ユーザーが長時間使用しない場合にディスプレイを保護するためアニメーションなどを流す機能です。

スポンサーリンク

Androidのスクリーンセーバーを設定する

「設定」アプリを起動します。
設定から「ディスプレイ」をタップします。
Androidスクリーンセーバー ディスプレイ

「ディスプレイ」画面が開いたら「詳細設定」をタップします。
Androidスクリーンセーバー 詳細設定

詳細にある「スクリーンセーバー」をタップします。
初期値は「OFF」になっています。
Androidスクリーンセーバー 詳細から

「スクリーンセーバー」画面が開きました。
Androidスクリーンセーバー 画面

では、ここからスクリーンセーバーの設定を行います。

「起動するタイミング」をタップします。
Androidスクリーンセーバー 起動するタイミング

「起動するタイミング」画面が開きます。
「なし」だとスクリーンセーバーが起動しません。
ホルダーは持っていないので、ここでは「充電時」にチェックを入れました。
Androidスクリーンセーバー 充電時

「現在のスクリーンセーバー」をタップすると画面表示に使う形式を選択できます。
Androidスクリーンセーバー 現在

「現在のスクリーンセーバー」画面が開きます。
「時計」「カラー」「フォト」の3種類から選択できます。
Androidスクリーンセーバー 選択

「現在のスクリーンセーバー」で「時計」または「フォト」にチェックを入れた状態だと、右にある歯車アイコンをタップできます。
Androidスクリーンセーバー 歯車アイコン

「時計」だと「スタイル」を「デジタル」と「アナログ」から選択できます。
Androidスクリーンセーバー 時計スタイル

「今すぐ起動」をタップすると設定したスクリーンセーバーを表示して確認することができます。
これで充電時に一定時間が経つとスクリーンセーバーが起動します。

「デジタル」を選択するとこのように表示されます。
Androidスクリーンセーバー デジタル

「アナログ」だとこのように表示されました。
Androidスクリーンセーバー アナログ

今回の一言・・・

充電中は画面が真っ暗になるので、スクリーンセーバーに設定しておくと傍に置いておいても気分もちょっとは変わる気がします。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました