ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » アプリ・ソフトウェア・サービス » 【Android】シャープスマートフォンに搭載の日本語文字入力ソフト「S-Shoin」のネット変換エンジンを使う

【Android】シャープスマートフォンに搭載の日本語文字入力ソフト「S-Shoin」のネット変換エンジンを使う

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

スマートフォンはAndroidでシャープ製の「AQUOS sense3」を使用しています。
シャープのAndroidスマートフォンには、日本語文字入力ソフトウェア「S-Shoin」が搭載されています。

このS-Shoinには、変換候補を外部のインターネットから探す「ネット変換エンジン」というの機能があります。
今回はこのネット変換エンジンを使ってみました。

スポンサーリンク

S-Shoinとは

スーパーショインと呼び、シャープ製のAndroidスマートフォンに搭載されている日本語文字入力ソフトウェアになります。
シャープ製の端末向けのソフトであるため他社製の端末では使用できません。
以下の特徴があるとのことです。

  • シンプルで見やすいデザイン
  • ストレスフリーで直感的な操作性
  • 入力した通りの気持ちよい変換性能

S-Shoinの「ネット変換」を使用する

ネット変換エンジンを使用するには、文字を入力する際の変換候補一覧を表示させます。

「蝗害」と変換したいので、「こうがい」と文字入力しました。
検索候補の「^」をタップして一覧を全表示させます。
S-Shoin ネット変換 一覧

一覧を最後までスクロールすると「ネット変換」という表示があります。
S-Shoin ネット変換 使用する

「ネット変換」をタップすると、変換候補が表示されます。
初回は以下のような注意事項が表示されました。
外部のWeb辞書サーバーなどにアクセスするため個人情報の入力は注意した方が良さそうです。
S-Shoin ネット変換 注意事項

ここでは「候補無し」と表示され、他の候補は見つかりませんでした。
S-Shoin ネット変換 候補無し

他の文字を変換してみましょう。

「じょうしゃ」と入力して「ネット変換」をタップします。
S-Shoin ネット変換 他の文字

このように1つ変換候補が表示されました。
S-Shoin ネット変換 他の文字結果

さらに「ゆうごう」と入力しました。
S-Shoin ネット変換 文字入力2

こちらは候補が2つ表示されました。
S-Shoin ネット変換 候補表示2

今回の一言・・・

ちょっと使える機能かは謎ですが、あくまでこのようなネット変換機能もあるという感じで参考にしてみてください。
もともと「蝗害」という文字入力をしたかったのですが、S-Shoinではこの文字は1文字1文字変換して打ち込むしかなさそうですね。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。