【レビュー】TANITAの体組成計で記録した前回測定値をみてみる

スポンサーリンク
ガジェット・モノ

こんにちは、けーどっとけーです😀

体重管理のために去年9月からTANITAの体組成計を使っています。

こちらは自動認識機能で乗った測定者を登録者の中から認識し測定してくれる「乗るピタ機能」が搭載されています。
また、体重だけでなく体脂肪率・筋肉量・基礎代謝量などを測ることができます。

さらにこの体組成計は前回の測定結果も表示してくれます。

スポンサーリンク

体組成計の前回測定結果を表示する

前回の測定結果を表示する方法は2つあります。

一つは計測後に前回の結果を表示する方法、もう一つは電源オフの状態で測定者を指定して前回結果を表示する方法です。

体組成計に乗って測定結果を表示したあと、「設定」ボタンを押します。
パネル左上に「前回」と表示され、前回の測定結果を見ることができます。

次は電源オフの状態から前回結果を表示します。
まずは、一番左にある「▼」ボタンを押します。
体組成計 呼び出し

前回結果を見たい登録者番号を指定し「設定」ボタンを押します。
体組成計 登録者番号

画面が切り替わり「0.0kg」と表示されたら、再度「設定」ボタンを押します。
体組成計 再度設定ボタン

左上に「前回」と表示され、前回結果が表示されました。
体組成計 前回結果表示2

体重以外の数値は数秒おきに自動で切り替わります。
または「▼」ボタンや「▲」ボタンを押して手動で切り替えることもできます。
体組成計 数値切り替え

前回結果を見ることはできるのですが、前々回やそれよりも過去を遡って結果を表示することはできません。
あくまでも一つ前に測った結果を表示できるのみです。
使い方としては、測定した際に前回の結果と比較したり、さっき測った結果を思い出したい場合に使う機能かと思います。
測定結果の記録を残すのには向いていないので、1回1回の測定を残したい場合は別途メモを取るなりの作業が必要になります。

ただ自分の情報を登録しておけば、体組成計に乗るだけで毎回詳細情報を測定してくれるのでシンプルな使い方ができるのが大きなメリットです。

※おまけ

使用するには性別や身長など個人情報の登録が必要になりますが、ただ単に体重計だけの使い方も可能です。

電源オフの状態で「体重」ボタンを押します。
体組成計 体重ボタン

表示が「0.0kg」に切り替わったら、体組成計に乗ると測定してくれます。
体組成計 体重計のみ

測定結果が表示されます。
この場合は、表示が切り替わることなく体重のみ測定します。
体組成計 体重計のみ2

今回の一言・・・

正直この体組成計を使用してからだいぶ体調管理しやすくなり体重も数ヶ月でいくらか減らすことができました。
やはり数字として見られるのが大きいと感じました。
また、前回結果を確認できるのも比較ができ便利です。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

↓同じように乗るピタ機能のある体組成計です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました