ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » ガジェット » 【レビュー】iRobot「ルンバ691」を使ってみる〜開封編

【レビュー】iRobot「ルンバ691」を使ってみる〜開封編

calendar

reload

【レビュー】iRobot「ルンバ691」を使ってみる〜開封編

こんにちは、K.Kです😀

前回は、ルンバでどんなことができるかの紹介をしました。

今回は購入したルンバ691を箱から取り出します。
ルンバ691は、スケジュール機能やダートディテクト機能とAmazon Echoとの連携が可能なモデルになっています。

スポンサーリンク

ルンバ691を開封する

床に起き、箱を開けてみました。
ルンバ691開封 箱を開ける

フタを開けるとパッケージされたルンバ本体が顔を出します。
ルンバ691開封 本体

箱から取り出したところです。
本体の上に付いているのは説明書になります。
ルンバ691開封 本体取り出し

本体を取り出した箱には、付属品があります。
ルンバ691開封 箱の付属品

ルンバ691の付属品をみてみる

付属品には、まずはホームベースがあります。
ホームベースはコンセントで接続しルンバを充電する大事な機器です。
ルンバ691開封 ホームベース

他には、小箱に入っている付属品があります。
ルンバ691開封 小箱

箱から取り出しました。
ルンバ691開封 付属品2

青いのは「交換用フィルター」です。フィルターはすでに本体に入っているので、あくまでこれは予備のフィルターになります。
コンセントはホームベース用になります。
黒い筒のようなものは、デュアルバーチャルウォールと言いその電池もつきます。
デュアルバーチャルウォールとは、赤外線の壁を作ってルンバの進入禁止エリアを作ることができます。
赤いのはお手入れカッターになります。ルンバのお手入れをするのに使用します。

フィルターもそうですが、バッテリーも最初からルンバにセットされています。
付属品も少なく、必要なものはすでにルンバ本体に入っているので箱の中もごちゃごちゃしていなくていいですね。

ルンバの説明書を確認する

ルンバ本体を接続する前に説明書で手順を確認しましょう。
ルンバ691開封 説明書セット

説明書セットの中には、簡易説明書・取扱説明書・登録に関して・保証書が入っています。
ルンバ691開封 説明書

最初の設定のイメージは、まずこの簡易説明書を確認するといいでしょう。
ルンバ691開封 簡易説明書

これはホントわかりやすくて感動します。

取扱説明書には、ルンバ本体の各部の名称やお手入れの仕方が載っています。
どんな内容が載っているかくらいは、ざっと目を通しておくといいでしょう。
ルンバ691開封 取扱説明書

今回の一言・・・

本体・付属品と説明書と、わかりやすさを感じました。
あまり新しい電化製品だと使いこなせるか不安がありますが、ルンバに関しては使いやすいという印象が勝るでしょう。
こういうパッケージはわかりやすさと伝えるという点に置いて、仕事でも参考になりそうです。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

↓セットアップはこちら