ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » ガジェット » 【レビュー】iRobot「ルンバ691」を使ってみる〜紹介編

【レビュー】iRobot「ルンバ691」を使ってみる〜紹介編

calendar

reload

【レビュー】iRobot「ルンバ691」を使ってみる〜紹介編

こんにちは、K.Kです😀

先日、アイロボットのルンバシリーズの691を購入したので使ってみました。
ロボット掃除機はずっと気になっていたので、やっと購入できてよかったです。

スポンサーリンク

iRobot「ルンバ691」とは

iRobot(アイロボット)社のロボット掃除機が「ルンバ」です。
自動で部屋の掃除をしてくれる便利な掃除機として有名でしょう。

ルンバはシリーズによって使える機能が変わってきます。
3万円代のお買い求めやすいルンバ600シリーズだと、その場で起動させて自動で掃除ができます。
またはiRobotアプリで遠隔起動することもできます。
あと掃除を終えれば、自動でホームに戻り充電します。

これが5万円代のルンバe5になると、

  • スケジュール機能
  • 汚れている部分を重点的に掃除してくれるダートディテクト機能

などが追加されます。

さらに最近発売された10万円ほどになる最上位のルンバi7シリーズになると、

  • ダスト容器のゴミを自動でまとめる機能
  • 部屋の状況や環境を記憶するマッピング機能

などが追加になります。

今回、手に入れたルンバ691はルンバ600シリーズなのですが、Amazon限定で購入できるルンバになります。

Amazon限定であるため、なんとAmazon Echoと連携ができ、声の操作でルンバに掃除をしてもらうことができます。
また、機能としてもルンバe5と同様に、スケジュール機能ダートディテクト機能も付いています。

どのシリーズもアプリで操作ができますが、Wi-Fiネットワークに接続する必要があります。

ルンバ691を開封する

Amazonで注文して、2日ほどで到着しました。

ルンバ自体が結構大きいので箱も当然大きくなります。
ルンバ691 箱

ダンボールから取り出すと、そのままルンバの箱が入っていました。
何気に箱には取っ手も付いています。
ルンバ691 箱の中

箱に使い方の説明が載っています。
ルンバ691 箱の使い方

充電のためのホームの設置やアプリのインストールと設定は必要ですが、ボタン一つで掃除を始めてくれるので使い方もわかりやすいです。

今回の一言・・・

独り暮らしで掃除はたまにしかしませんが、やはり毎日した方がいいだろうとルンバを購入しました。
平日昼間はいないので自動で掃除してくれるスケジュール機能付きが気に入り、さらにAmazon Echoも持っているので連携して遊んでみたいと考えルンバ691を手に入れました。

次回以降、開封と設定を行なっていきます。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

↓開封はこちら