ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Windows10 » Windows10の設定やバージョン情報を確認する

Windows10の設定やバージョン情報を確認する

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

先日新しいWindows10のPCに買い換えました。
LenovoのThinkPadになります。最初の起動時にはWindows10のセットアップを行いました。

セットアップが完了してWindows10が使える状態になったので、PCの設定やバージョンの確認をしてみようと思います。

スポンサーリンク

PCの情報を確認する

デスクトップ画面の左下にあるスタートアイコンを右クリックして表示されるメニューから「システム」をクリックします。
Windows10 PC設定確認 スタート

「設定」画面が開きます。
「バージョン情報」が表示されています。
Windows10 PC設定確認 バージョン

「バージョン情報」が表示されない場合は、左欄から「バージョン情報」をクリックします。
Windows10 PC設定確認 バージョン表示

「バージョン情報」には、プロセッサ(Core i3)やRAM(4.00GB)やシステムの種類(64ビット)とあります。
念の為注文通りかを確認しておきます。
また、ここからWindows10のバージョンが「1909」であることがわかります。
Windows10 PC設定確認 バージョン情報確認

このようにPCスペックを確認するには、このバージョン情報を開けばオッケーです。

そのほかの設定メニューを確認する

設定画面を開いたので、ほかの気になるメニューも見てみることにしました。

こちらは「ストレージ」です。
PCの使用できる空き容量を確認できます。
Windows10 PC設定確認 ストレージ

「電源とスリープ」を開きます。
ディスプレイの電源を切ったりスリープ状態にする時間を指定できます。
Windows10 PC設定確認 電源とスリープ

「クリップボード」を開くと、コピーや切り取り情報を履歴として残す設定を行うことができます。
初期状態はオフになっています。
Windows10 PC設定確認 クリップボード

クリップボード履歴をオンにすると、履歴情報を残すことができます。
コピーまたは切り取り内容を複数ストックできるので、オンにしておくと便利な機能です。
Windows10 PC設定確認 クリップボードオン

今回の一言・・・

「設定」を開くとPCの基本的な情報や設定ができるので便利です。
特にクリップボードの履歴の機能は、個人的にはよく使うのですぐにオンにしておきました。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。