ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Windows10 » Windows10のタスクマネージャーを起動する

Windows10のタスクマネージャーを起動する

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

仕事でもプライベートでも長く使っているPCは「Windows」になります。
Windows XPから使ってきて、今はWindows10を使っていますがだいぶ便利になったと感じます。

Windowsに昔からある機能として「タスクマネージャー」があります。
この機能を使うと、起動しているアプリやバックグラウンドで動いているプロセスやパフォーマンスを視覚的に確認することができます。

今回は、Windows10でこのタスクマネージャーを起動してみました。

スポンサーリンク

タスクマネージャーを起動する

タスクマネージャーを起動する方法はいくつかあります。

有名な起動方法は、「Ctl」+「Alt」+「Delete」キーを押す方法かと思います。
画面が切り替わるので、メニューから「タスクマネージャー」をクリックします。
タスクマネージャー起動 ctl

タスクマネージャーが起動します。
タスクマネージャー起動

「詳細」をクリックすると、詳細ウィンドウに切り替わります。
タスクマネージャー起動 詳細

詳細ウィンドウに切り替わりました。
タスクマネージャー起動 詳細ウィンドウ

ウィンドウ上部にあるタグをクリックすることで表示を切り替えることができます。
「パフォーマンス」をクリックすると、CPUやメモリの使用量の流れをグラフで確認することができます。
タスクマネージャー起動 パフォーマンス

また「ユーザー」をクリックすると、ユーザーとアプリごとのCPU使用率を見ることができます。
タスクマネージャー起動 ユーザー

他には、画面下のメニューバーの空いている箇所を右クリックして起動する方法もあります。

メニューから「タスクマネージャー」をクリックして起動します。
今はこの方法が1番早い起動かもしれません。
タスクマネージャー起動 メニューバー

またはスタートメニューから「Windowsシステムツール」を開けば、タスクマネージャーを起動できます。
タスクマネージャー起動 スタートメニュー

さらに、コルタナに「タスクマネージャー」と入力すれば、検索結果から起動することもできます。
タスクマネージャー起動 コルタナ起動

今回の一言・・・

タスクマネージャーは普段は使うことないかと思いますが、Windowsの調子がよくない時には開いたりします。
起動方法は複数あるので、自分のやりやすい方法で起動するよう覚えておくといいかもしれません。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。