ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Mac » Windows・Macどちらででも!Mac版Microsoft To-Doを使う

Windows・Macどちらででも!Mac版Microsoft To-Doを使う

calendar

こんにちは、K.Kです😀

Windowsのアプリ「Microsoft To-do」が、macOSでも使用できるMac版がリリースされました。
両方のPCにインストールしておけば、どちらからでもTo-Doリストの確認・管理ができます。

スポンサーリンク

「Microsoft To-do」アプリとは

Microsoft To-doとは、Windowsにインストールできる作業管理アプリです。
これにタスク(To-Do)を追加すれば、やることと完了・未完了を管理することができます。
重要な要件だけでなくうっかり忘れる予定など幅広いタスクを追加できるので、仕事でもプライベートでも使えるアプリです。

Mac版「Microsoft To-do」をインストールして使う

Mac版のアプリは、App Storeからインストールできます。

App Storeアプリを開きます。
左上の検索窓から「Microsoft To-Do」と入力して検索します。
Microsoft To-do アプリ検索

「Microsoft To-Do」の「入手」をクリックします。
Microsoft To-do 入手

「インストール」をクリックします。
Microsoft To-do インストール

インストールが完了したら、「開く」をクリックします。
Microsoft To-do インストール完了

「Microsoft To-do」アプリが起動します。
Microsoftアカウントでサインインします。持ってない場合は新規登録しましょう。
Microsoft To-do ようこそ

パスワードを入力して、「サインイン」をクリックします。
Microsoft To-do サインイン

「データに関する注意」が表示されます。「了解」をクリックします。
Microsoft To-do データに関する注意

Microsoft To-doアプリが使える状態になりました。
Microsoft To-do 使用可能

試しにタスクを追加してみましょう。
Microsoft To-do タスク追加

Windows版「Microsoft To-do」と連携

Windows版もみてみましょう。
Windowsには初めからインストールされているわけではないので、アプリをインストールする必要があります。

Windows画面左下のコルタナに「to do」と入力します。
Microsoft To-do Windows版

検索結果の「Microsoft To-do」をクリックすると、Microsoft Storeが開きます。
「入手」をクリックします。
Microsoft To-do 入手

インストール完了したら、起動しましょう。
Microsoft To-do 起動

Microsoft To-doが起動します。OKをクリックします。
Microsoft To-do 起動後

Mac版と同期が取れているのがわかります。
Microsoft To-do 連携

今回の一言・・・

To Do管理アプリはたくさんあるんですが、どうせ使うなら他のガジェットでも連携・同期して使えるのが良いですよね。
WindowsとMacで使えるのは大きなメリットと感じます。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。