ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » IT » VRoid Studio〜v0.5.0で新しいサンプルモデルと男性素体を試す

VRoid Studio〜v0.5.0で新しいサンプルモデルと男性素体を試す

calendar

reload

VRoid Studio〜v0.5.0で新しいサンプルモデルと男性素体を試す

こんにちは😀

今回は、2018/12/23にリリースされたVRoid Studioのバージョン0.5.0をみてみます。

前回はこちら(VRoid Studiov0.4.0で髪揺れを調整する)

スポンサーリンク

バージョン0.5.0とは

バージョンアップして以下の機能が追加されました。

・男性素体追加
・VRoid Hubへのアップロード機能
・サンプルモデル3体追加
・女性素体向け制服ズボン追加
2番目の「VRoid Hub」とは、VRoid Studioで作成したキャラクターを簡単に登録・共有できるプラットフォームとのことです。
今回は、他の追加されたモデルをみてみます。
 

バージョン0.5.0を使う

いつものように公式サイトからVRoid Studioの最新版をMacにインストールします。
やり方はこちら(macvroid studioを起動してみるを参照してくださいね。

バージョン0.5.0をダウンロードしたら、フォルダを解凍します。
Vroid Studio0.5.0 1-1

解凍したファイル内の「VRoidStudio.app」をダブルクリックして、VRoid Studioを起動します。
Vroid Studio0.5.0 1-2

起動すると、サンプルモデルが3人追加されているのがわかります。
VRoid Studio0.5.0 1−3
ただサンプルモデルが全員見えないし、下の2つが選択できない状態です。

ウィンドウを横に広げると、6人全員選択できるようになります。
VRoid Studio0.5.0 1−4
新しいサンプルモデルを1つずつ見ていきましょう。
 

Vivi

今回追加されたモデルのうち、右の子です。

おとぎ話に出てきそうですね。
VRoid Studio0.5.0 1−5

操作や調整は他のモデルと変わりありません。
服装も見てみると、ワンピース(上記の状態)と制服が2種類あります。

こちらが制服。
VRoid Studio0.5.0 1−7

こちらが制服(ズボン)。
VRoid Studio0.5.0 1−8

Vita

新しいモデルの真ん中の子です。
近未来的な感じですね。
VRoid Studio0.5.0 1−9

服も見てみましょう。
制服と・・・
VRoid Studio0.5.0 1−10

制服(ズボン)です。この2つは他と同じです。
VRoid Studio0.5.0 1−11

制服のズボンは今回新たに追加されたので、調整してみたいと思います。

こちらは「ズボンの広がり」をMaxにした状態です。
だいぶ広がりますね。
VRoid Studio0.5.0 1−12

こちらは、「ズボンのシワ」をMinにした状態です。
ズボンの印象は変わりますね。
VRoid Studio0.5.0 1−13

Victoria_Rubin

新しく追加されたモデルの左の子です。
お嬢様な感じですね。
VRoid Studio0.5.0 1−18

この子も服装は、先と同じ制服2種類を着せられます。

男性

今までなかった男性用モデルも今回追加になっています。

新規作成の+ボタンを押します。
VRoid Studio0.5.0 1−15

すると、女性モデル・男性モデルと表示されるので、右の男性モデルを選択します。
VRoid Studio0.5.0 1−16

女性と同じように調整できます。

ただ服装は制服のみです。
VRoid Studio0.5.0 1−16

ポーズなどは女性のと同じようです。
VRoid Studio0.5.0 1−17

今回の一言・・・

だいぶいろんなキャラクターが作れるようになりました。
また今回、男性が追加されたことで表現の幅もより一層深まり、今後のバージョンアップも楽しみです。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

↓次のバージョンはこちら

↓VRoid Hubはこちら