ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

VRoid Studio〜v0.3.0で衣装を使う

calendar

reload

VRoid Studio〜v0.3.0で衣装を使う

こんにちは😀

2018年11月19日に、VRoid Studioのバージョン0.3.0がリリースされました。
そして、追加機能をみて見ると、なんと!衣装にワンピースが追加されています。
今までは、「制服」のみだったので、衣装が追加になったのは嬉しいことです。

スポンサーリンク

バージョン0.3.0をダウンロードする

ダウンロードの詳細はこちらを参考にしてください。

公式ページから、Mac版ダウンロードを押します。
VRoid Studio 0.3.0-1

ダウンロードしたZIPファイルを解凍して、「VRoidStudio-v0.3.0-mac」を作成します。
VRoid Studioバージョン0.3.0-2

VRoidStudio.appをダブルクリックします。
VRoid Studioバージョン0.3.0-3

新しい衣装を試す

スタート時のレイアウトがだいぶ変わってます。
サンプルモデルが、一つ追加されています。
今まで作成したモデルは下側に表示されています。
VRoid Studioバージョン0.3.0-4

前回まで作成したモデルで起動します。
モデル画面が開いたら、「衣装編集」タブを選択します。
VRoid Studioバージョン0.3.0-5

衣装編集画面が開きます。
左側の「デザイン」にある「制服」をクリックすると、候補に「ワンピース」が追加されているのがわかります。
VRoid Studioバージョン0.3.0-5

ワンピースを選択すると、制服からワンピース姿に切り替わります。
デフォルトは真っ白なワンピースとブーツです。
VRoid Studioバージョン0.3.0-6

左側の「テスクチャ」を選択すると、衣装の色を変えることができます。

まずは、ブーツの色を変更します。かげ色も変更できます。
VRoid Studioバージョン0.3.0-7

その下は、ワンピースの色を変えられます。
VRoid Studioバージョン0.3.0-8

ブーツもワンピースも基本色を黄色にしました。
かげ色はデフォルトのままにしています。
VRoid Studioバージョン0.3.0-9

もちろん、このままアニメーションを実行することもできます。

上部の「撮影・エクスポート」タブを押し、左側の「ポーズ&アニメーション」を選択します。
VRoid Studioバージョン0.3.0-10

右側のアニメーションを選択すると、ワンピース姿で様々なアクションをしてくれます。
VRoid Studioバージョン0.3.0-11

新しいモデルを試す

では、今回追加されたモデルもみてみましょう。

スタート画面を開きます。
「Darkness_Shibu」を選択します。
VRoid Studioバージョン0.3.0-12

新しいモデルで編集画面が開きます。
髪も赤でワンピースも派手めの花模様で、今までのモデルとだいぶ印象は変わります。
VRoid Studioバージョン0.3.0-13

「衣装編集」タブで、衣装も変えられます。
制服を選択したところです。制服は以前のと変更は無いようです。
VRoid Studioバージョン0.3.0-14

今回の一言・・・

今回のバージョンアップで、モデルや服装が増えてだいぶ充実してきました。
これでフリーで使用できるので、3Dモデルの作成を試しにやってみたい人にはすごくおすすめです。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

次回(v0.4.0で髪揺れを調整する)はこちら