ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

MacにClipyをインストールしてみる

calendar

こんにちは😀

MacBookを3ヶ月ほど使用してだいぶ慣れた感じはします。
本当にMacのPCを買ってみて良かっと思います。
そろそろ慣れたついでに便利なアプリを追加しようと思います。

そこで今回は、「Clipy」をインストールしてみました。

「Clipy」は、Macで使用できるコピー&ペースト用の
アプリです。
通常コピーできる要素は1つだけですが、Clipyは複数のコピーを
保持することができます。

まずは、ソフトをダウンロードしてみましょう。
Clipyの公式ページを開き、「DownLoad」ボタンを押します。
無料でダウンロード・インストールできます。
clip1

ダウンロードを完了するとdmpファイルが配置されます。
dmpファイルをダブルクリックしましょう。
clip2
以下の画面が表示されるので、矢印に合わせて左のアイコンを
右のアイコンへドラッグしましょう。
clipy5

以下の画面が表示されるので、「開く」ボタンを押します。
clip3

以下の画面もそのまま「起動する」ボタンを押します。
システム起動時に起動されるとのことで、PC立ち上げ後に
そのまま使用することができます。
clip4

すると、アプリケーションフォルダにClipyアイコンが追加
されます。
アイコンをダブルクリックしましょう。
clip6

デスクトップ画面の上側にもClipyアイコンが作成されています。
Clip7

では、Clipyを使ってみましょう。
メモ帳から、以下の2用語をコピーします。
Clip8

デスクトップ上のアイコンをクリックすると、
履歴が2つ保持されていることが分かります。
Clip10
あとは、ショートカットの設定を行います。
Clipyのアイコンから、環境設定>ショートカット 
を選択します。

以下の画面に切り替わるので、
履歴を「option」+「command」+「v」で設定します。
ここは自由に設定できます。
Clip11

では、メモ帳にペーストしてみましょう。
先ほど設定したショートカットで自在にコピーの履歴を
呼び出すことができます。
clip12

他の設定としては、同じく環境設定の「一般」を選択します。
ログイン時に起動するようにできたり、
記憶する履歴の数を決められます(デフォルトは30個)。
また、履歴のソートも設定できますね。
clip13

使ってみた感じ、インストールも簡単で使用も分かりやすく
グッドです。
そのままコピーすれば履歴が残るのが便利ですね。
設定できる項目も多すぎず少なすぎずといった感じで
ちょうどいいです。
よく使う用語などを履歴で保存しておけるので作業効率も
アップしますね。

今回はここまで🤚

では、また次回。