MacとiPadの新連携形態!ユニバーサルコントロールを使ってみる

iPad
スポンサーリンク

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

学生の頃にWindowsのPCを初めて購入して以来、その機能やアプリやサービスに興味を持ちました。
今ではPCだけでなくその他ITデバイス(スマホやタブレットなど)の新機能や便利なサービスなどを使ってみることを趣味としています。

前回はMacとiPadのOSアップデートを行いました。

今回は、MacとiPadの連携機能「ユニバーサルコントロール」を使ってみました。
この機能を使うとマウスやキーボードなどを共有して使うことができます。

けーどっとけー
けーどっとけー

MacとiPadを並べて作業できるので非常に便利です。

こちらを使用するにはmacOS Montereyを「12.3」以降にiPadOSを「15.4」以降にアップデートする必要があります。
アップデート方法は上記リンクの記事を参照してください。

ここではMacBookとiPadを使って操作しています。

スポンサーリンク

ユニバーサルコントロールの準備を行う

MacとiPadでそれぞれ準備を行います。
どちらのデバイスも同じApple IDでサインインしておきましょう。

iPadの設定

「設定」を開きます。
左メニューの「一般」をタップし、さらに「AirPlayとHandoff」をタップします。
Mac iPad ユニバーサルコントロール

「カーソルとキーボード」をオンにします。
Mac iPad ユニバーサルコントロール カーソルとキーボード

Macの設定

「システム環境設定」を開きます。
「ディスプレイ」をクリックします。
Mac iPad ユニバーサルコントロール システム環境設定

「ユニバーサルコントロール」をクリックします。
Mac iPad ユニバーサルコントロール 起動

ウィンドウが表示されます。
「カーソルとキーボードを近くにあるすべてのMacまたはiPad間で移動することを許可」にチェックを入れ、「完了」をクリックします。
Mac iPad ユニバーサルコントロール チェックと完了

これで設定は完了です。

ユニバーサルコントロールを使ってみる

MacBook側のトラックパッドとキーボードでiPadを操作してみます。

初回移動時はカーソル操作で突き破るアクション(下の画像の右側)が表示されます。
これがなんとなく気持ち良く感じます。
Mac iPad ユニバーサルコントロール 突き破る

突き破った後は、自由にiPad画面とMac画面を行き来できます。

キーボードを使ってみてもiPad側の文字入力が難なくできました。
Mac iPad ユニバーサルコントロール キーボード

使ってみた感じiPad側のブラウザの上下スクロールはちょっと操作が硬いなという印象。
まだベータ版のようなので改善されていくかもしれません。

もちろんワイヤレスマウスやワイヤレスキーボードでMacとiPadを操作することもできます。
その場合は、MacとiPadのBluetoothをオンにして接続しておく必要があります。
Mac iPad ユニバーサルコントロール ワイヤレス

今回の一言・・・

家ではMacとiPadを並べて使うことが多かったので、ユニバーサルコントロールは一つのカーソルとキーボードで両デバイスを操作できるので非常に便利です。

けーどっとけー
けーどっとけー

改めて両方買って良かったと思う機能です。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いITライフを。

iPadMac
スポンサーリンク
シェアする
K.Kをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました