ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » iPad » 形状変化!iPadOS 13.4の新しいカーソルをマウス操作で使ってみる

形状変化!iPadOS 13.4の新しいカーソルをマウス操作で使ってみる

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

前回、第6世代のiPadを「iPadOS 13.4」にアップデートしました。

13.4のアップデートは、主にマウスとトラックパッドの使用に対応しています。
マウスは以前から対応していましたが、今回のアップデートで仕様が変更になりました。

なお、iPadとBluetoothマウスの接続と以前の仕様はこちらを参照してください。

スポンサーリンク

マウスの変更後カーソルを試してみる

iPadOSの新しいカーソルは、テキストやボタンに重ねることで形が変わります。
今までより使い勝手のいい形に変更されています。

マウスとBluetooth接続すると以下のようにカーソルが画面に表示されました。
iPad新しいカーソル マウス接続

そのままマウスを動かさずにいるとカーソルは消えます。
マウスを動かすとカーソルが現れます。
iPad新しいカーソル 消える

アプリの上にカーソルを重ねると、カーソルは消えてアプリが大きく表示されます。
こちらは「ファイル」アプリにカーソルを重ねたところです。
iPad新しいカーソル アプリ

また画面上のリンク画面にカーソルを重ねると、カーソルが半透明になりました。
iPad新しいカーソル リンク画像

ここからは、ブラウザでWebページを開きます。
iPad新しいカーソル Webページ

テキストにカーソルを合わせると、棒状に形状が変わりました。
iPad新しいカーソル テキスト

このようにテキストを選択することができます。
iPad新しいカーソル テキスト選択

ただここからカーソル操作でテキストのコピーはできませんでした。
また、以前マウスで操作できたWebページのスクロールもできなくなっていました。

次はGmailを開いてみました。
Webページと同じように、メール本文のテキストでもカーソルは棒状に変化します。
iPad新しいカーソル メール

キーボード上にある操作アイコン(ここではコピーアイコン)にカーソルを重ねると、アイコンが強調された表示になります。
iPad新しいカーソル アイコン

他の操作アイコンでも同じようになります。
iPad新しいカーソル アイコン2

今回の一言・・・

場所に応じてカーソルの形状が変化するのはわかりやすい仕様だと感じます。
ただ、テキストコピーやページのスクロールがマウス操作でできなくなったのは残念です。
ここら辺は次回のアップデートで改良してくれることを期待します。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。