ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

GitHubに登録して使ってみる

calendar

reload

GitHubに登録して使ってみる

こんにちは、K.Kです😀

ずっと気にはなっていた「GitHub」を使用してみました。
GitHubとは、世界中の開発者間で使われているソフトウェア開発プラットフォームです。

スポンサーリンク

「GitHub」に登録に登録する

GitHubを使えるようにするには、まずユーザ登録する必要があります。

こちらがGitHubの公式サイトです。

ページを開いたら「GitHubに登録する」をクリックします。
GitHub登録して使う 登録

ユーザネームとメールアドレスとパスワードを入力します。
ユーザネームはすでに使われているネームは使用できません。
GitHub登録して使う 登録時

検証を行ってOKであれば、「Create an account」をクリックします。
GitHub登録して使う 認証

無料版か有料版を選択できます。
有料版は、24時間サポートや権限管理ができるようです。
個人で使う範囲なら無料版でいけるでしょう。
選択したら「Continue」をクリックします。
GitHub登録して使う 選択

あとは、アンケートに答えます。

  • How would you describe your level programing experience?:プログラミング経験を教えてください。
  • What do you plan to use GitHub for?:GitHubの使用目的を教えてください。
  • Which is closest to how would describe yourself?:あなたに近いものを選択してください。
  • What are you interested in?:興味あることを教えてください。

GitHub登録して使う アンケート

これで登録したメールアドレスにメールが送られます。
GitHub登録して使う メールアドレス

来たメール本文にある「Verify email address」をクリックします。
GitHub登録して使う メール

サインインの画面が開きます。
登録時に使用したメールアドレスとパスワードを入力して、「Sign in」をクリックします。
GitHub登録して使う サインイン

GitHubをちょっと使ってみる

サインインできました。
GitHub登録して使う サインイン後

「Read the guide」をクリックすると、使い方をみることができます。
レポジトリやブランチへのコードの登録や更新の仕方が書かれています。
GitHub登録して使う 使い方

「Start a project」をクリックすると、レポジトリ作成画面が表示されます。
github レポジトリ作成

公開されているレポジトリやコードを見ることもできます。

サインイン後のページの下にある「Explore GitHub」をクリックします。
GitHub登録して使う コードをみる

公開レポジトリ画面が表示されます。
GitHub登録して使う レポジトリ

見てみると、最近話題になったWindowsの関数電卓のレポジトリもありました。
GitHub登録して使う レポジトリ

このようにソースも見ることができます。
GitHub登録して使う ソースを見る

今回の一言・・・

自分の作成したソースを保存しておき、更新も管理できるのが便利ですね。
ただ見ての通り全て英語で書かれているので、専門用語は英語で理解しておくといいでしょう。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。