ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Google » Flashの実行のブロックが推奨に!Google Chromeバージョン76にアップデートする

Flashの実行のブロックが推奨に!Google Chromeバージョン76にアップデートする

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

2020年にFlashの使用の開発・配布が終了することは以前まとめました。

Google Chromeでは、バージョン75までだとFlashは一応は使うことができるのが推奨でしたが、最近リリースされたバージョン76では「Flashの実行をブロックする」が推奨のデフォルトに変更されています。

今回は、そのChromeのバージョンアップとFlashの設定をみてみます。

スポンサーリンク

Chromeバージョン75でFlashサイトを開く

Flashが埋め込まれているサイトを開きます。

こちらはAdobe Flash Playerのサイトです。
URL左横の鍵アイコンをクリックすると「Flashの実行」許可確認のウィンドウが表示されます。
Chrome 76Flash サイト開く

「ブロック」と「許可」がありますが、ここでは「許可」をクリックします。

Flashを許可した後にURLのアイコンをクリックすると、許可の設定を変更できるウィンドウが表示されます。
Chrome 67 Flash 許可

さらに右上のアイコンをクリックし「管理」を選択すると、Chromeの設定画面が開きます。
Chrome 67 Flash 右上

開いた設定画面を見ると、Flashの設定は「最初に確認する」となっておりこれが推奨になっています。
Chrome 67 Flash 設定画面

Chromeのバージョン76にアップデートする

アップデートする前に、今のChromeバージョンを確認します。
Chromeの「︙」をクリックして、メニューから「ヘルプ」>「Google Chromeについて」を選択します。

「Google Chromeを再起動して更新を完了してください」と表示されます。
「再起動」をクリックしてChromeを更新します。
Chrome 76 Flash バージョンアップ

Chromeの再起動が完了したら、先ほどの「Google Chromeについて」画面を開きます。
Chromeのバージョンが「76」に更新されていればOKです。
Chrome 76 Flash バージョンアップ完了

ここでFlashのサイトを再び開きます。
右上のアイコンをクリックして、「管理」を選択します。
Chrome 76 Flash Flash管理

Flashの設定が「サイトでのFlashの実行をブロックする」が推奨になりデフォルトになっています。
Chrome 76 Flash 設定の推奨

Chromeバージョン75だと「最初に確認する」が推奨になっており、バージョン76だと「サイトでのFlashの実行をブロックする」が推奨に変更されています。

今回の一言・・・

Flashの提供が終了するとのことでChromeの設定でも変化がありました。
昔から馴染んできた技術がなくなっていくのも少し寂しい気がしますね。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。