AndroidにMicrosoft OneDriveアプリをインストールして無料プランのまま使ってみる

スポンサーリンク
アプリ・ソフトウェア・サービス

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

学生の頃にWindowsのPCを初購入して以来、その機能やアプリに興味を持ちました。
今ではPCだけでなくその他ITデバイス(スマホやタブレットなど)の新機能や便利なアプリを使ってみることを趣味としています。

仕事でもプライベートでもPCはWindowsも使っています。
昔から使っているのでOSは新しくなってもその都度使い慣れてきました。
そしてWindowsのファイル保存には「OneDrive」というMicrosoftのクラウドサービスを使っています。

そのOneDriveに保存した画像をスマホでも開きたいと思い、今回Androidに「OneDrive」アプリをインストールして使ってみました。
クラウドなので同じアカウントを使用すれば画像などのファイルデータをデバイス間で共有することができます。

スポンサーリンク

AndroidスマホにMicrosoft OneDriveアプリをインストールする

アプリはGooglePlayのこちらのページからインストールできます。

ページを開いたら「インストール」をタップします。
Microsoft OneDriveアプリ インストール

インストールは数分で完了します。
Microsoft OneDrive インストール中

インストール完了しました。
「開く」をタップするとアプリが開きます。
Microsoft OneDrive インストール完了

Microsoft OneDriveアプリの認証を行う

初めて起動する場合は、Microsoftアカウントでの認証が必要になります。
アカウントを持っていない場合は「新規作成」も可能です。
既存のアカウントで認証する場合は「サインイン」をタップします。
Android Microsoft OneDrive アプリ起動

アカウントとパスワードを入力します。
Android Microsoft OneDrive アプリ パスワード

サインインできました。
有料プランのプレミアムに移行するかを問われます。
Android Microsoft OneDrive アプリ プレミアムに

無料プランのままにする場合は左上の「⇦」をタップします。
Android Microsoft OneDrive アプリ 無料で

「基本のままにする」をタップします。
Android Microsoft OneDrive アプリ 基本のまま

「カメラアップロード」を有効にするかを問われます。
ここでは有効にせず「後で」をタップします。
Android Microsoft OneDrive アプリ カメラアップロード

Microsoft OneDriveアプリを使ってみる

セットアップを完了するとアプリが使用可能な状態になりました。
Android Microsoft OneDrive アプリ 使用可能

画面下のメニューから「ファイル」をタップするとクラウドに保存した画像を探して開くことができます。
Android Microsoft OneDrive アプリ ファイル

「自分」をタップすると、残り容量の確認や有料プランへの変更ができます。
Android Microsoft OneDrive アプリ 自分

今回の一言・・・

Windowsで管理している画像やファイルを他のメーカーのデバイスでも共有できるので非常に便利です。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました