ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » 日記 » Amazonの置き配指定サービスを試してみる

Amazonの置き配指定サービスを試してみる

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

Amazonは、今年7月から「置き配指定」のエリアを拡大しています。

「置き配指定」とは、配達先の在宅・不在に関わらず指定した場所に商品を配達してくれるサービスです。
このサービスを使えば、玄関やガスメーターボックスなど特定の場所に荷物を配置してくれます。

置き配指定 場所

現在このサービスは、東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・静岡県・大阪府・福岡県の一部の地域を対象としています。

サービスの詳細や対象地域はこちらの公式サイトを確認してください。

スポンサーリンク

置き配指定サービスを指定する

Amazonでの注文はPCのブラウザから行います。
ここでは、除湿パックなどの消耗品と財布を購入しています。

置き配指定は、商品の注文を進めて以下の「注文内容を確認・変更する」のページから行いました。
画面左下にある「置き場所を指定する」をクリックします。
置き配指定 設定

置き配指定のウィンドウが開きます。
置き配指定 ウィンドウ

「置き場所を指定する」にチェックを入れます。
置き場所リストから、商品を置いてほしい場所を選択します。
置き配指定 決定する

ここでは「玄関」を選択しました。
場所を指定したら、右下の「保存」をクリックします。
置き配指定 保存

あとは通常通り商品の発送を完了させればOKです。

置き配指定サービスで商品を置いてもらう

配送が完了すると、配達完了メールがきました。

なんと商品を配置してくれた写真付きのメールです。
(※以下の画像はボカシを入れていますが、実際きたメールははっきりとした写真でした)
置き配指定 メール

置き配というとちょっと不安もありましたが、これならどんな状態で置かれたかがわかるのでちょっと安心ですね。

しかし、写真撮られるのもなぁという方もいるかと思います。
Amazonのサイトで配送状況を確認すると、写真・撮影に関しての意見を送ることもできるようになっています。
置き配指定 写真の有無

置き配に関して言えば、今回は玄関前に置いてもらいましたが、天候によっては雨や強風で荷物が汚れないかとちょっと心配になりました。
実際は便利なサービスであるので、何回か試してみて一番いい場所を探すのがいいかもしれません。

また今回合わせて財布も購入したのですが、財布は置き配指定サービス対象外のようで別配送できたので、商品によってサービスが使える使えないがあるようです。

今回の一言・・・

在宅・不在に関わらず指定した場所に置いてくれるのが便利と感じました。
今後どうなるかわからないサービスですが、消費者にとって様々な選択肢を増やしていく試行錯誤の取り組みはこちらもワクワクします。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。