ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » アプリ・ソフトウェア・サービス » 雨雲の動きが見える!東京都下水道局の「東京アメッシュ」を使う

雨雲の動きが見える!東京都下水道局の「東京アメッシュ」を使う

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

みなさんは天気予報や天気の状況を普段どのように確認していますか?
僕もそうですが、テレビのニュースやインターネットで天気予報を普通は見ると思います。

今年は6月と8月と突発的な雨が多いようにも感じます。
そのようなときは、東京都下水道局が導入している「東京アメッシュ」のサイトで現在の雨雲の状況を確認するようにしています。

スポンサーリンク

東京アメッシュとは

雨の情報を正確に知るために、東京都下水道局が昭和63年度より導入している降雨情報システムが「東京アメッシュ」です。
その名の通り東京近辺の雨雲しか確認できませんが、更新時間は5分おきにされ結構正確な情報を提供してくれていると感じます。

東京アメッシュのサイトはこちらです。
ダウンロードやインストールは一切不要で、ブラウザからサイトを開けば閲覧できるのでスマホからでもPCからでもそのままアクセスできます。

このように東京を中心としたマップに、雨雲の位置・範囲とその強弱の色が表示されます。
東京アメッシュ サイト

東京アメッシュを使う

左上には、警報・注意報と更新時間が表示されています。
東京アメッシュ 閲覧

東京アメッシュは、閲覧だけもできますが、多少操作することもできます。

上部の地域バーから表示する範囲を拡大選択することができます。
こちらは、「23区西部」から「練馬区」を選択表示したところです。
東京アメッシュ 練馬区

「全域表示」を選択するとここまで表示できます。
東京アメッシュ 全域表示

また左下の操作パネルから数分前の雨雲の状況を巻き戻してみることができます。
最大120分前の状態まで巻き戻しが可能です。
東京アメッシュ 巻き戻す

巻き戻した状態で「再生」をクリックすると、雨雲の動きを現在時点まで見ることができます。
5分ごとに進めることや停止する操作も可能です。
東京アメッシュ 再生

予報サイトではないので先の天気は表示されませんが、再生して現在までの雨雲の動きを見るとなんとなくですが先の状況も読めそうな時もあります。

左下の操作パネルの「過去履歴一覧」をクリックすると5分おきのマップがパネル表示されます。
こちらも過去120分前までのマップが表示されます。
東京アメッシュ 過去閲覧

今回の一言・・・

天気の状況が微妙かつ、ちょっと買い物行こうという時や昼ごはん行こうという時は、この東京アメッシュを確認して傘を持って行こうかどうか判断基準にできるので便利です。
その日の大まかな天気を知りたい場合は天気予報を見ますが、ちょっとした先の時間を知りたい場合にはこの東京アメッシュはおすすめです。
東京近辺限定になってしまうのは残念なところではありますが、それぞれの地方で似たようなサイトがあるか探してみるのも面白いと思います。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。