ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Google » 迷わずに合流できる!?Googleマップの現在地の共有を使ってみる

迷わずに合流できる!?Googleマップの現在地の共有を使ってみる

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

マップアプリは「Googleマップ」をよく使っています。
最近は、Yahooマップも使うようになりましたが、やはり基本的にどのガジェットでも使用しているのはGoogleマップになります。

そのGoogleマップですが、Gmailアカウント所有者同士で場所の共有をする事ができます。
この機能を使えば、行き慣れていない場所でもお互い迷う事なく合流ができそうですね。

今回は、自分の持っている別々のアカウントでGoogleマップの共有設定を行なって見ました。

スポンサーリンク

Googleマップの現在地の共有設定を使う

Googleマップアプリを開き、右上のアカウントアイコンをタップします。
(ここではAndroidで操作しています)
Googleマップ現在地共有 アカウント

メニューの「現在地の共有」をタップします。
Googleマップ現在地 共有 メニュー

現在地の共有画面が開きます。
「現在地の共有」をタップします。
Googleマップ現在地共有 タップ

次に共有するユーザーを選択します。
Googleマップ現在地共有 アカウント選択

共有時間は「1時間」を設定します。
ユーザーをタップしたら「共有」をタップします。
Googleマップ現在地共有  アカウント共有

選択したユーザーのアカウント情報が画面下に表示されます。
この通知をタップします。
Googleマップ現在地共有  アカウントタップ

こちらから別アカウントで使用しているiPadで操作していきます。

iPadに共有の通知が来ました。
Googleマップ現在地共有 別アカウント通知
メールでも通知が来ていました。
Googleマップ現在地共有 メール

Googleマップを開き、「アカウントユーザーさんと現在地を共有」をタップします。
これで共有先のアカウントのいる場所を共有できました。
Googleマップ現在地共有 完了

ここからAndroidに戻ります。

1度共有したアカウントはリストに記録されます。
2回目はすぐに共有を行うことができます。
Googleマップ現在地共有 二回目

共有時間または「無効にするまで」を選択して「共有」をタップします。
Googleマップ現在地共有 共有二回目

共有は設定した時間が経過するか「停止」をタップすると無効になります。
Googleマップ現在地共有 無効

今回の一言・・・

お互いの位置の共有がアプリを通じて行えれば、出口の多い駅や広い場所でも待ち合わせや迷子の際にすぐに合流できそうです。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。