ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Google » 結構正確!?Gboard物理手書きバージョンを使う

結構正確!?Gboard物理手書きバージョンを使う

calendar

こんにちは、K.Kです😀

キーボードから文字入力したいキーを探すのに手間取ることってありますよね。
そんな手間を省いてくれる機能をGoogleが開発してくれました。
その名も「Gboard物理手書きバージョン」。
なんとキーボードを文字を描く様になぞるだけで、文字が出力できます。
まだ仕様段階のようですが、簡単に使うことができるので試しに使ってみました。

スポンサーリンク

Gboardとは

Googleの作成したキーボードアプリを「Gboard」と言います。
Android向けのアプリとしてありますが、文字入力だけでなくそのまま検索もできるようです。

そのGboardの実験の一環として、今回使用する物理手書きバージョンがあります。
キーボードに文字を描くようにキーを押すと、その文字が出力されます。
もちろん人によって文字の書き方も微妙に違うでしょう。
しかし、大量の筆跡データをもとに機械学習を行なっているとのことなので、人の癖による微差も認識してくれるようです。

「Gboard物理手書きバージョン」を使う

公式ページはこちらです。

ページの右上にある「さっそく試す」をクリックします。
なお、使い方や概要は「ビデオを見る」で確認できます。
Gboard物理手書きバージョン サイト

シンプルなウィンドウが表示されます。
使い方は簡単で、文字を描くようキーボードを順に押すだけです。
Gboard物理手書きバージョン 使用開始

対応する文字は、アルファベットとひらがなだけのようです。

試しに「し」とキーボードをなぞってみます。
「し」が表示されました。
実際になぞったキーボードは下に表示されます。
Gboard物理手書きバージョン しと打ってみる

見ればわかるのですが、反応するキーボードは上のF1キーや下のスペースキーは含みません。

キーボードによりますが、MacBookのキーボードだとこの範囲です。
Gboard物理手書きバージョン キーボード

認識させるには、ちょっと縦長になりすぎないように文字をなぞる必要があります。

「I」です。
Gboard物理手書きバージョン I

「C」です。
Gboard物理手書きバージョン C

ここら辺の文字はなぞりやすいですね。

お次は、「あ」です。
狭い中でなぞりましたが、書き順も重要な感じです。
Gboard物理手書きバージョン あ

こちらは「く」と書いたつもりが「I」で認識されました・・。
Gboard物理手書きバージョン くのつもり

こちらは「く」と認識できました。
大げさに書いた方が認識してくれるようです。
Gboard物理手書きバージョン く

入力した文字はコピーすることもできます。
文字列を選択して、右の二重の四角ボタンをクリックします。
Gboard物理手書きバージョン コピー

そのままメモ帳などにペーストできます。
Gboard物理手書きバージョン ペースト

どうでしょう?
実用性は置いておいて、素直に面白い!と感じるでしょう。

今回の一言・・・

キーボード自体がそんなに広くはないので、正直書きにくさは感じるものの、技術としてはすごく面白いと感じました。
なぞる用に専用のキーボードがあればより使いやすい技術になるのではないでしょうか。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。