ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Google » 経路をAR(拡張現実)で表示!Googleマップのライブビューを使ってみた

経路をAR(拡張現実)で表示!Googleマップのライブビューを使ってみた

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

お店を探してGoogleマップで検索したところ、新しい機能が画面に表示されていました。
目的地までの経路をARで表示できる「ライブビュー」が使用できるとのことです。
Googleマップ AR

Googleマップを開く→場所を検索→「経路」を選択でこの「ライブビュー」が表示されました。
ただし、出発は現在地・経路は徒歩での移動を選択した場合に表示されました。

今回は、このライブビューを使って移動してみました。
ここではAndroid 9.0のスマートフォンで試しています。

スポンサーリンク

Googleマップのライブビューを起動する

経路を表示して「ライブビュー」をタップすることで使用可能になります。

初回起動は使用方法の案内が表示されました。
「次へ」をタップします。
Googleマップ AR 起動

ライブビューの起動中はカメラを使用するとのことです。
「次へ」をタップします。
Googleマップ AR カメラ

法令遵守に注意し周囲に気を付けてくださいとのことです。
追加利用規約はこちらになります。
「開始」をタップします。
Googleマップ AR 開始

写真と動画の撮影をGoogleマップに許可します。
「許可」をタップします。
Googleマップ AR 許可

最適な経路の検索が始まります。
Googleマップ AR 読み込み

ライブビューが表示されました。
道路沿いにカメラを向ける必要があるようです。
Googleマップ AR ライブビュー表示

場所を認識できると、目的地への正しい方向を表示してくれました。
AR画面だけでなく下にマップも表示されているので目的地がわかりやすくなっています。
Googleマップ AR ライブビュー 表示後

ただしこのまま歩き出すと注意事項が表示されました。
安全のためにライブビューは立ち止まっている時のみ使用してくださいとのことです。
Googleマップ AR ライブビュー 注意事項

歩きながら使えないとなると、場所に迷ったら都度立ち止まってスマホ画面を確認する感じになります。

あと気になったのはインターネット接続が非常に重くなります。
結局この時はこのあと接続不安定になりGoogleマップがフリーズしてしまいました。

今回の一言・・・

新機能として追加されたライブビューですが、使った感想としてはまだまだ改良の余地はあると感じました。
今話題の5Gで使うと、接続も安定しちょうどいい感じで使えるのかもしれません。
ただ場所を見やすいことは確かなので今後に期待できる機能です。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。