ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Mac » 簡単に安全にバックアップと復元を!EaseUS Data Recovery Wizard(Mac版)でスキャンを行う

簡単に安全にバックアップと復元を!EaseUS Data Recovery Wizard(Mac版)でスキャンを行う

calendar

reload

簡単に安全にバックアップと復元を!EaseUS Data Recovery Wizard(Mac版)でスキャンを行う

こんにちは、けーどっとけーです😀

前回は、EaseUS Data Recovery WizardのMac無料体験版をインストールしました。

今回は、EaseUS Data Recovery Wizard for Macのデータを検出するスキャン機能を使用します。

スポンサーリンク

EaseUS Data Recovery Wizard for Macのスキャン操作を許可する

Macで使用する場合、初回にスキャンを行うときMac上での操作の許可が必要になります。

以下は、EaseUS Data Recovery Wizard for Macを起動した画面になります。
操作は簡単で、データ検出対象を選択して、右上の「スキャン」ボタンをクリックします。
EaseUS Data Recovery Wizard for Mac スキャン

初回起動の場合は、機能拡張を有効にする必要があります。
ウィンドウが自動で開くので、「OK」をクリックします。
EaseUS Data Recovery Wizard for Mac スキャン許可

自動で開いた「セキュリティとプライバシー」画面の「一般」タブをクリックします。
EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 一般

画面下にある「許可」をクリックします。
EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 許可

「OK」をクリックして、設定完了です。
「セキュリティとプライバシー」画面は閉じます。
EaseUS Data Recovery Wizard for Mac OK

EaseUS Data Recovery Wizard for Macのウィンドウの「許可しました。データ復旧を始める」をクリックします。
EaseUS Data Recovery Wizard for Mac もう1つのこと

これでスキャンの準備設定は完了です。

EaseUS Data Recovery Wizard for Macのスキャンを行う

初期設定を行い、「スキャン」ボタンをクリックするとスキャンが始まります。
EaseUS Data Recovery Wizard for Mac スキャン中

徐々にファイルが検出されていきます。
EaseUS Data Recovery Wizard for Mac スキャン中2

スキャンが完了しました。完了するとメッセージウィンドウが表示されます。EaseUS Data Recovery Wizard for Mac スキャン完了

スキャンデータをエクスポートする

スキャンして検出したデータはEaseUS Data Recovery Wizard for Macのホームに戻ったり終了すると消えてしまいます。

データは「エクスポート」することで保存できます。
左上にある「エクスポート」をクリックして、表示されるウィンドウの「保存」をクリックします。
EaseUS Data Recovery Wizard for Mac インポート

「はい」をクリックするとエクスポートが始まります。
EaseUS Data Recovery Wizard for Mac エクスポート開始

エクスポート完了まで少々待ちます。
EaseUS Data Recovery Wizard for Mac エクスポート中

エクスポートが完了すると、指定した場所にrsfファイルが作成されます。

エクスポートしたファイルをインポートするには、EaseUS Data Recovery Wizard for Macの上部メニューの「ファイル」から「スキャン状態をインポート」をクリックします。
EaseUS Data Recovery Wizard for Mac インポート

エクスポートしたファイルを選択して「開く」をクリックします。
EaseUS Data Recovery Wizard for Mac ファイル選択

ファイルをインポートできました。
これで一度スキャンしたデータを戻すことができます。
EaseUS Data Recovery Wizard for Mac インポート完了

今回の一言・・・

スキャンは簡単にできました。
スキャンは多少時間がかかるので、一度スキャンしたらデータをエクスポートすると便利です。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

↓次回、データ復元はこちら