ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

簡単に安全にバックアップと復元を!EaseUS Data Recovery Wizardでデータ復元を行う(Mac有料版にアップデート)

calendar

reload

簡単に安全にバックアップと復元を!EaseUS Data Recovery Wizardでデータ復元を行う(Mac有料版にアップデート)

こんにちは、けーどっとけーです😀

今週は、データ復旧ソフトの「EaseUS Data Recovery Wizard」の無料体験版を使ってきました。

さらに、データのスキャンを行いMac内のデータを取得しました。

今回は、無料体験版から有料版(Pro版)にアップグレードしてから、データの復元を行ってみます。

スポンサーリンク

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Proに変更する

無料体験版だと、スキャンはできますがデータの復元はできません。
体験版を使って使いやすいと感じたら、いつでもデータ復元できるように有料版のProにアップグレードするといいでしょう。

「今すぐ復元」をクリックすると、ライセンスコード入力画面が開きます。
なお、左上の「ライセンス認証」をクリックしても同じ画面が開きます。
EaseUS Data Recovery Wizard データ復元

ライセンスコード入力画面にある「購入」をクリックすると、購入画面が開きます。
EaseUS Data Recovery Wizard 購入画面

購入後取得したライセンスコードを入力して、「ライセンス認証」をクリックします。
EaseUS Data Recovery Wizard ライセンス入力

これでPro版にアップグレードできました。
左上にあった「ラインセンス認証」ボタンが消えています。
EaseUS Data Recovery Wizard Pro版へ

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Proでデータ復旧を行う

改めてMac内のファイルをスキャンします。
EaseUS Data Recovery Wizard Proでスキャン

スキャン完了しました。
EaseUS Data Recovery Wizard スキャン完了

今回は試験的にデータ復旧を行います。
復旧させたい画像を選択し、「今すぐ復元」をクリックします。
EaseUS Data Recovery Wizard Proでデータ復旧

本来は、間違えてMac内のファイルを削除した場合にMac内にファイルを復旧したりする使い方になると思いますが、ここではUSBメモリ内に選択した画像ファイルを配置します。

復旧先の場所を選択し、「保存」をクリックします。
EaseUS Data Recovery Wizard ファイル指定

実際選択した画像ファイルはMac内にあるので、別の場所を指定するために「再選択」をクリックします。
ここで「クラウドに復元」をクリックして、選択したクラウド上にファイルを置くこともできます。
EaseUS Data Recovery Wizard 画像ファイル

Macに接続したUSBメモリ(ここではTOSHIBAのUSBメモリ)を選択して、「保存」をクリックします。
EaseUS Data Recovery Wizard メモリ

復旧が完了すると、「リカバリーが完了しました!」が表示されます。
EaseUS Data Recovery Wizard リカバリー

USBメモリ内を見ると、確かに選択した画像ファイルが保存されています。
EaseUS Data Recovery Wizard 画像保存

左上のエクスポートをクリックするとスキャンした情報を保存できます。
このように保存先をUSBメモリにしてデータを外部保存しておくといいでしょう。
EaseUS Data Recovery Wizard 保存

今回の一言・・・

操作ボタンも少ないため、スキャンもリカバリーもそれほど困らずにできると感じます。
復旧データの保存先も今回はUSBメモリで試しましたが、GoogleドライブやDropboxなどのクラウドでも行えるので、ご自身の使いやすい保管方法を選択できます。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。