ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

画像のテキストや文字認識できる!Googleフォトの「Google Lens(レンズ)」が思った以上に便利すぎる

calendar

reload

画像のテキストや文字認識できる!Googleフォトの「Google Lens(レンズ)」が思った以上に便利すぎる

こんにちは、けーどっとけーです😀

普段は、画像の管理はGoogleフォトで行なっています。

最近知ったのがGoogleフォトにある「Google Lens(グーグルレンズ)」という機能です。
画像の文字をコピーできたり検索できたりするだけでなく画像が何かまで解析してくれます。
思った以上に便利だったので紹介してみます。

スポンサーリンク

Google Lens(グーグルレンズ)で文字を読み取る

まずは、Googleフォトを開き画像をクリックします。

しかし、PCからブラウザ経由で開くとどうやらGoogle Lensは使用できないようです。
Google Lensがない

使用するにはスマホのGoogleフォトアプリを使う必要があるようです。
ここでは、Androidのアプリを使って試します。

Googleフォトアプリで文字の入った画像を開きます。
Google Lens アプリで開く

下にあるメニューの内、四角のアイコンが「Google Lens」です。
Google Lensアイコンクリック

ここをタップするとGoogle Lensが起動しますが、起動に失敗することもあります。
Google Lens 失敗

そんな時はもう一度タップしましょう。

画面がキラキラし始めるとGoogle Lensの起動が成功します。
Google Lens レンズ起動

画面下のGoogle Lens部分を上にスライドするとメニューが表示されます。
ここでは画像内のURLを読み取っていて、該当のサイトが開けるようになっていました。
Google Lens スライドメニュー

画像内のテキストを選択すると、コピーできるようになります。
Google Lens テキスト選択

「コピー」をタップすると、テキストをクリップボードにコピーできました。
Google Lens クリックボード

さらにテキストを選択して、今度は「検索」をタップすると・・・
Google Lens 検索

Google検索の結果一覧が表示されます。
Google Lens Google検索

Google Lensで他の画像も認識させてみる

試しにテキストのない画像をGoogle Lensで読み取らせてみました。

肉の画像を読むとこんな感じです。
ちゃんと肉としてしゃぶしゃぶとして認識できていました。
Google Lens 肉の写真

さらに驚きなのが、その下の「類似の画像」として店名まで当たっているという・・・。
ネットで拾った写真でなく、ちゃんと自分で撮ってきた写真なのにすごい認識度ですよね。
Google Lens 認識度

さらに最近買った蛍光灯の画像もGoogle Lensで読み込んでみました。
こちらは、商品名を見事に言い当てています
その的中度にビックリしました。
Google Lens 蛍光灯

今回の一言・・・

Google Lensは想像以上に使える機能です。
昔撮った画像のどこの店や思い出せない場合は、Google Lensを使えば解決するかもしれません。
ぜひ一度は使ってみてほしい機能です。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。