用途に応じて作業環境を用意!?Windows11の仮想デスクトップを開く・設定してみる

スポンサーリンク
Windows

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

学生の頃にWindowsのPCを初購入して以来、その機能やアプリやサービスに興味を持ちました。
今ではPCだけでなくその他ITデバイス(スマホやタブレットなど)の新機能や便利なアプリを使ってみることを趣味としています。

去年Windows11にアップグレードして使っています。
レイアウトの違いに少し戸惑いましたが今ではだいぶ操作にも慣れました。

今回はWindows11に標準装備されている「仮想デスクトップ」を使ってみました。
仮想デスクトップとは、同じPC中に複数のデスクトップ画面を表示することができる機能です。

けーどっとけー
けーどっとけー

複数のデスクトップでそれぞれ違うアプリやウィンドウを開いておけるので、趣味や仕事など用途に合わせてデスクトップを用意できます。

スポンサーリンク

Windows11の仮想デスクトップを開く

Windows10の仮想デスクトップよりも使いやすくなっています。

画面下にある四角いアイコン(タスクビュー)をクリックします。
Windows11 仮想デスクトップ タスクビュー

仮想デスクトップ切り替え画面が開きます。
Windows11 仮想デスクトップ 画面開く

「+」をクリックすると仮想デスクトップ画面を増やすことができます。
Windows11 仮想デスクトップ 増やす

Windows11の仮想デスクトップの表示・非表示設定を行う

仮想デスクトップの切り替えアイコン「タスクビュー」は表示・非表示の設定が可能です。
(初期状態では表示設定になっています。)

スタートメニューをクリックし、「設定」アイコンをクリックします。
Windows11 仮想デスクトップ 設定を開く

設定が開きます。
「個人用設定」をクリックします。
Windows11 仮想デスクトップ 設定画面

「個人用設定」画面が開きます。
「タスクバー」をクリックします。
Windows11 仮想デスクトップ タスクバー

「タスクバー」画面が開きます。
「タスクビュー」項目をオン・オフすることで仮想デスクトップアイコンの表示・非表示を切り替えられます。
Windows11 仮想デスクトップ 表示非表示切り替え

非表示にすると、画面下からアイコンが消えます。
Windows11 仮想デスクトップ 非表示にした

今回の一言・・・

プライベートでも仕事でも同じPCの中に複数の作業領域を作ることができます。
次回ではより詳細に使っていこうと思います。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いWindowsライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました