ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » 日記 » 新基軸の書店!!六本木にある「文喫」に行ってきました。

新基軸の書店!!六本木にある「文喫」に行ってきました。

calendar

こんにちは、K.Kです😀

先日、2018年12月に六本木でオープンした「文喫」という書店に行ってきました。
もともと青山ブックセンター六本木店があった場所にできました。

スポンサーリンク

文喫に入場する

普通の書店と違うところは、入るのに入場料が必要になります。
入場料は、税込で1620円です。
入るのに料金はかかりますが、中ではコーヒー・煎茶のお代わりは自由で、Wifiや電源もあるのでPC作業も出来ます。
また、机や椅子もあるので本の選書もでき、もちろんその場で本を買うことも出来ます。

入場料を払うと、丸いバッジとガイダンスがもらえます。
バッジの裏には、Wifiのパスワードが記載されています。
書店を退場する場合には、このバッジを受付に返却します。
文喫 入場

中は静かで音楽が鳴っています。
ところどころ植物もあるので、おしゃれでまったり出来ます。
文喫 植物
中にはロッカーもありました。
カバンとか使わないのであれば、ロッカーに預けてしまえば手ぶらで店内を回れます。

本は超大型書店ほどの量は置いてあるわけではないですが、いろんなジャンルのがありました。
漫画もいくつか置いてあります。
IT系で言えばPythonの本が多く置いてありました。
売れ筋を考慮して置いてある感じですかね。

文喫を楽しむ

席は種類が豊富です。

閲覧室にある席は、しっかりした机と椅子があります。
席にはコンセントもあり、デスクライトもあります。
机の幅も広いので、本を開いたままPC操作も出来ます。
文喫 閲覧室

本の置いてある選書室の隣には喫茶室があります。
ここで、コーヒーと煎茶がもらえます。
ドリンクバーでなく、店員さんが手渡しでくれるので、心遣いが嬉しいですね。

また、喫茶室はその他飲み物や食事の注文もでき、喫茶店のような椅子やテーブルがあります。
椅子のみの席もありますが、椅子の種類も豊富でした。
寝っ転がれるスペースもあります。
文喫 喫茶席2

喫茶室の電源は探してしまいましたが、床にありました。
ただ穴がそれなりの大きさで、Macの電源ケーブルは入りませんでした・・・。
文喫 床電源

食事を楽しむ

食事もできます。
喫茶室でコーヒー・煎茶以外の飲み物や食事やアルコールも購入できます。

食事を注文すると、出来るまで呼び出しベルをもらえます。
完成すると光って知らせてくれました。
文喫 お知らせベル

海老ドリアのオマールエビソース(税込950円)を注文しました。
海老の風味や旨味が凝縮されていてすごく美味しかったです。
量的には軽食という感じで、ペロリといけました。
文喫 食事

今回の一言・・・

入場料を払ってはいるという新感覚の書店でした。
ちょっと高いと思いましたが、入ってみるとそれに見合った施設とサービスで大満足でした。
本が好きな人、ゆっくり本を楽しみたい人にはオススメの書店です。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。