急な雨でも!傘シェアリングサービス「アイカサ」を使ってみた〜傘の展開・返却編

スポンサーリンク
アプリ・ソフトウェア・サービス

こんにちは、けーどっとけーです😀

シェアできるサービスが増えているこの頃ですが、傘のシェアリングサービス「アイカサ」に登録してみました。

なんと、1回70円で使用することができます。
今回は、レンタルした傘を開いてみて、返却してみました。

スポンサーリンク

アイカサの傘を開いてみる

この日は夕方に雨は降ってましたが、この時はまだ降っていませんでした。

傘レンタルを利用開始すると送られる3桁の番号を、借りた傘の取手にあるダイアルに合わせます。

番号を合わせたら、取手にある四角いボタンをブッシュすると傘が開きます。
アイカサ レンタル後 開く

傘を開いたところです。
傘には絵柄が書かれていて、東京駅周辺の江戸風な地図が記載されていました。
アイカサ レンタル後 傘開く

傘の持ち手や中棒はしっかりした作りになっています。
多少の雨風ではビクともしなさそうです。
傘地部分の面積も広く土砂降りでも雨に濡れにくそうです。
アイカサ レンタル後 傘の作り

アイカサの傘を返却する

傘を使い終わったら返却します。

傘の返却場所は元のアイカサスポットである必要はありません。
他の場所にあるスポットに返却することもできるのが、アイカササービスの特徴の一つと言えるかもしれません。

この時は、東京駅のレンタルしたスポットとは別のスポットで返却しました。

レンタル傘を綺麗に折りたたんでスポット内に返却します。
スポットにある「返却はこちら」とある返却用QRを読み取ります。
アイカサ 返却 傘をセット

LINEのQRスキャン機能で、QRコードを読み取ります。
アイカサ 返却 QRスキャン

QRコードを読み取ると、返却確認画面が表示されます。
このまま返却するので、「OK」ボタンをタップします。
アイカサ 返却 確認

「ご利用ありがとうございました!」と表示されれば返却完了です。
本来はこの画面が出た後にスポットに傘を返却するようです。
返却時の注意点は、傘を綺麗に折りたたむことというシンプルなのがいいですね。
アイカサ 返却 完了

今回の一言・・・

雨が降ってなかったのでその使用感までは残念ながら試せませんでした。
ただみた感じでは、一般的な傘よりも大きく頑丈な印象は受けました。

東京駅近辺は高いビルも多く、雨風が強い日だと突発的なビル風も強烈になるので、それに耐えられる傘だとなお嬉しいですね。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました