今いる場所の裏側を見てみよう!Android版Chromeで「Floom」を使ってみる

スポンサーリンク
アプリ・ソフトウェア・サービス

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

学生時代からPCなどのIT系に興味があり、今やPCやスマホなどの新機能や便利なアプリを操作することを趣味としています。

今回は、Googleが作成したスマホのカメラを使って今いる場所から地球の裏側を見ることができるサービス「Floom」を使ってみました。
こちら、今のところ使用できるのがAndroidスマホのChromeとなっており無料で使えます。
Chromeを開き、こちらにアクセスすればオーケーです。

このようなサイトが開きます。
Floom使ってみる 開く

スポンサーリンク

Floomを開く

サイトを開いたら、「Lets’s go!」をタップします。
Floom使ってみる 次へ

「Continue」をタップします。
Floom使ってみる コンティニュー

現在地情報の使用を許可します。
「許可」をタップします。
Floom使ってみる 現地情報

以下のように「権限を要求できません」と出ました。
Floom使ってみる 権限できない場合

そのまま許可せず次に進めました。「Continue without GPS」をタップします。
Floom使ってみる GPSなし

次は「Explore!」をタップします。
Floom使ってみる エクスプロアー

3Dマップの作成とカメラ位置の追跡を許可します。
Floom使ってみる カメラ追跡許可

こちらも権限を要求できませんでした・・・。
ただこちらは何度かトライしていたら許可できたようです。
Floom使ってみる また権限許可できない

スマホのカメラが起動すれば使用できる状態になります。

floomで今いる場所の上側を写す

では使ってみましょう。

使い方は簡単で地面をカメラで写してみるだけです。

画面に黒い渦が表示されたらそれをタップします。
floom使う 黒い渦

タップすると渦が広がっていきます。
floom使う 渦が広がる

このように地球の裏側の場所が表示されます。
floom使う 裏側表示

少し傾けるだけでまた別の場所が表示できるのが面白いです。
floom使う 別の場所

写った場所をタップすると、Google Earthアプリが起動してより詳細に表示してくれます。
(Google Earthがない場合はインストール画面が開きます。)
floom使う Google Earth

Google EarthだとFloomで世界のどこの場所を指し示していたかよくわかります。
floom使う Google Earthで見る

今回の一言・・・

簡単に地球の裏側を見られる面白いサービスだと思います。
Androidのスマホである必要はありますが、持っているなら試しに使ってみると新たな発見があるかもしれません。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いITライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました