ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » IT » シェアオフィス「STATION WORK」を使う〜その①

シェアオフィス「STATION WORK」を使う〜その①

calendar

reload

シェアオフィス「STATION WORK」を使う〜その①

こんにちは😀

今回は、JR東日本で試験的に導入されているシェアオフィス「STATION WORK」を試しに使ってみました。

STATION WORKは、働き方改革の一環でどこでも仕事ができるよう駅ナカに設置されるレンタルオフィスです。
他にもコワーキング型や個室型を展開する予定だそうですが、実証試験として東京駅・新宿駅・品川駅にブース型を設置しています。

スポンサーリンク

会員登録を行う

試験的に使える期間は、2018年11月28日〜2019年2月20日までです。
しかも無料で使用できます。

使用には、予約が必要です。そして予約には登録が必要です。

公式ページにアクセスして、画面上から「会員登録」ボタンを押します。
以下は、スマホから登録を行った手順です。

利用規約を読んで、「同意する」ボタンを押します。
STATION WORK1−1

会員登録画面に移ります。
メールアドレスを入力して、「次へ」ボタンをタップします。
STATION WORK1−2

入力したメールアドレスにメールを送信したとのことです。
STATION WORK1−3

受信したメールを確認します。
個人登録を行います。「こちら」をタップします。
STATION WORK1−4

本会員登録のURLが開くので、基本情報を入力します。
メールアドレスは入力済みなので、
パスワード、氏名、電話番号・・・・
STATION WORK1−5

生年月日、性別、郵便番号、住所を入力します。
そしたら、「登録」ボタンをタップします。
STATION WORK1−6

これで登録は完了です。
STATION WORK1−7

予約を行う

引き続き、スマホ画面で操作します。

ログインできると、以下の地図ページが表示されます。
今のところ表示されているマークは、3つのみです。
STATION WORK1−9

今回は、品川駅のブースを予約するので、品川にあるマークをタップします。

品川駅内の地図とブースの場所が表示されます。
「予約する」ボタンをタップします。
STATION WORK1−9

予約画面に移ります。
現在は、09:00から21:00まで予約が可能です。
濃いグレーは予約不可、薄いグレーは予約可能を表します。
薄いグレーをタップすると予約候補にできます。
予約候補にすると、ブルーになります。
また上部に、日付と時間が表示され、手動で変更もできます。
STATION WORK1−10

今の段階では、使用時間は「15分」と「30分」が選択できます。
右上の分をタップすると、どちらかの選択画面が表示されます。
STATION WORK1−11

「予約」ボタンをタップすると、予約が確定します。

STATION WORK1−12

今回の一言・・・

都内だと駅内であってもフリースペースがありPC作業などはしやすいですが、ここまでやるかという驚きでいっぱいです。
STATION WORKだと充電などもでき本格的に仕事ができる環境をすぐに整えることができそうです。

次回使用してみて感想を書いてみます。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

続き⇨シェアオフィス「STATION WORK」を使う~その②+Mac Bookで外部ディスプレイを使う