ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【IT入門】クライアントサーバシステムに関して

calendar

reload

【IT入門】クライアントサーバシステムに関して

こんにちは😀

今回は、ネットワークを介してコンピュータが組み合わさって動く処理形態に関してまとめてみます。

主に企業で動くコンピュータシステムの話になります。
いくつか処理形態があり、その1つである集中処理は、セキュリティ確保や運用管理が簡単な反面、システムの拡張にコストがかかったり、ホストコンピュータの故障が全システムの故障に直結してしまします。
分散処理は、その逆でシステムの拡張は容易にでき、一箇所故障しても全体には影響しません。その反面、セキュリティの確保や運用管理に難があります。

スポンサーリンク

クライアントサーバシステム

現在は、上記2つの長所を合わせたクライアントサーバシステムが主流となっています。
基本的には分散処理の形を取り、ネットワーク上の役割を2つに分け、集中して管理や処理を行う部分をサーバとして残しています。

シンクライアント

クラアントサーバシステムの中で、特にサーバ側への依存度を高くしたのをシンクライアントと言います。
シンクライアントのクライアント側の端末は、入力や表示部分を担当するだけで、情報の処理や保管といった機能は全てサーバに任せます。

ピアツーピア

完全な分散処理型のシステムとしてはピアツーピアと呼ばれる形があります。
ネットワーク上で協調動作するコンピュータ同士が対等な関係でやり取りするもので、サーバなどの一元的に管理するシステムを必要としません。
1つのシステムへの負荷を分散できるのが特徴になります。

3層クライアントサーバシステム

通常のクライアントサーバシステムは2層のクライアントサーバシステムになっています。
これは、アプリケーションがクライアント側にあるため、ビジネスロジックに変更があると全てのクライアントに修正が必要となります。
また、処理に必要なデータがその都度ネットワーク上に流れるので帯域を圧迫し、データベースをロックする時間も長くなります。

このため生まれたのがクライアントサーバシステムの機能を、プレゼンテーション層・ファンクション層(アプリケーション層)・データ層の3つに分けて構成するシステムです。
3層クライアントサーバシステムと言います。

それぞれの役割を以下に書きます。

・プレゼンテーション層・・ユーザインターフェース部分の提供
・ファンクション層・・業務を実現するための処理を提供
・データ層・・データ管理機能(主にデータベース)の提供

システムの稼働形態

要求に応じて即座に処理を行い、結果が反映されるものをオンライントランザクション処理と言います。
銀行ATMやチケットの予約などはこの形態を利用しています。

即座処理を求めない場合は、一定期間ごとに処理を取りまとめて実行するバッチ処理を採用します。
各店舗の勤怠データの回収などはこの形態を利用します。

また、普段コンピュータを使って普通に行うリアルタイムの処理は対話型処理を言います。

今回はここまで🤚

では、また次回。

IT入門一覧はこちら】

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す