キャプテンスタッグの折りたたみ自転車AL-FDB161をクルマ(ルーテシア)のラゲッジに入れてみる

スポンサーリンク
ガジェット・モノ

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

学生の頃にWindowsのPCを初購入して以来、その機能やアプリやサービスに興味を持ちました。
今ではPCだけでなくその他ITデバイス(スマホやタブレットなど)の新機能や便利なサービスを使ってみることを趣味としています。

先月キャプテンスタッグの折りたたみ自転車を購入しています。
タイヤのサイズは16インチで重さ10kgと扱いやすい自転車になっています。

今回はこちらの自転車を折りたたんでクルマのラゲッジ(後部荷室)に入れてみました。
使用しているクルマはルノーのコンパクトカー「ルーテシア(2021年モデル)」です。

けーどっとけー
けーどっとけー

こちらのラゲッジはスペース容量391リットルとなっており、同型のクルマの中では大きい容量になっています。

あくまで参考としてもらえればと思います。

スポンサーリンク

折りたたみ自転車をクルマのラゲッジに入れてみる

AL-FDB161は折り畳んだサイズだと、およそ75×41×55cmとなります。
キャプテンスタッグAL-FDB161 クルマに入れる 折りたたみ

ルーテシアのラゲッジに入れてみます。
タイヤを横にして入れるとちょうど入ります。
横幅はとりますが、後部座席を動かすことなく収納できました。
この状態だと高さは約41cmとなります。
キャプテンスタッグAL-FDB161 クルマに入れる 横にして収納

ペダルやハンドルバーが多少飛び出ますが、スペース内を傷めるほどの窮屈感はありませんでした。
(気になる方はシートを敷いたりするとよりいいかも。)
キャプテンスタッグAL-FDB161 クルマに入れる 窮屈さなし

後部ドアは難なく閉めることができました。
トノカバーも外すことなくすっぽりと収納できたので感動しました。
ちょうどいいサイズです。
キャプテンスタッグAL-FDB161 クルマに入れる 後部閉める

次にラゲッジカバーを一段下げます。
こうすると若干ラゲッジスペースが広くなります。
キャプテンスタッグAL-FDB161 クルマに入れる カバー下げる

下げることで自転車を立てて入れることができました。
この状態だと高さは約55cmになります。
もちろんトノカバーありでドアを閉めることができました。
キャプテンスタッグAL-FDB161 クルマに入れる 立てて

この後、自転車を入れたまま少しドライブしましたが走行中の違和感なども特になくラゲッジスペースや自転車に傷がつくということもありませんでした。

今回の一言・・・

これでドライブ先にも自転車を持って行けて、現地でサイクリングも楽しめます。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いモノライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました