もし見失っても大丈夫!?「探す」アプリでMacを見つけられるよう設定を行う

スポンサーリンク
iPad

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

普段はITの仕事をやっています。
そのためPCやスマホの機能やアプリに触れることが趣味になっています。

家ではメインPCはMacBookを使っています。
マウスがなくてもトラックパッドでスムーズに操作ができストレスなく使えるので非常に気に入っているデバイスです。

今回は、Appleのデバイス全般で使える「探す」アプリの設定をMacに行ってみました。
設定を行ったあとは、iPadでMacがどこにあるかを「探す」アプリで表示してみました。

スポンサーリンク

Macで「探す」の設定を行う

画面左上のリンゴマーク>システム環境設定をクリックします。

「システム環境設定」画面が開きます。
「Apple ID」をクリックします。
Mac探すの設定 システム環境設定

「Apple ID」の設定画面が開きます。
左欄メニューにある「iCloud」をクリックします。
Mac探すの設定 iCloudの設定

「Macを探す」という項目を見ると「位置情報サービスがオフ」になっています。
オンにするために、「詳細」をクリックします。
Mac探すの設定  詳細

「セキュリティとプライバシーを開く」をクリックします。
Mac探すの設定 セキュリティとプライバシー

「セキュリティとプライバシー」画面が開きます。
メニューから「位置情報サービス」を選択して、画面左下の錠前アイコンをクリックします。
Mac探すの設定 位置情報サービス

「OK」をクリックします。
Mac探すの設定 OKクリック

認証を行います。ここでは指紋認証を行っています。
Mac探すの設定 認証

認証を完了したら、「位置情報サービスを有効にする」にチェックを入れます。
Mac探すの設定 位置情報サービスを有効

また、「システムサービス」の「詳細」をクリックします。
Mac探すの設定 システムサービス

Macを探す」にチェックを入れ、「完了」をクリックします。
Mac探すの設定 完了

これで設定は完了です。
錠前アイコンをタップしてロックします。
Mac探すの設定 錠前ロック

iPadでMacのある場所を表示してみる

ここからiPadで操作します。
「探す」アプリを起動します。
Mac探すの設定 ipadで探す

アプリが起動すると、MacBookの位置を表示してくれました。
Mac探すの設定 Ipadで表示

アプリからMacのアラームを鳴らすこともできます。
また、Macのある場所への経路も出してくれました。
(ただMacとiPadは同じ場所にあるので経路は正確ではありませんが、ほぼ正しいです。)
Mac探すの設定 経路

今回の一言・・・

基本的になくすことはないとは思いますが、設定しておくといざという時に困らずにすみそうです。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いMacライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました