あなたのセキュリティは万全!?PC版Google Chromeの安全チェックを使ってみる

アプリ・ソフトウェア・サービス

こんにちは、当ブログ「ハジカラ」管理人のけーどっとけーです。

日々の様々な経験や発見を当ブログで紹介しています。
ほぼ毎日更新しているので、その他の記事も見ていただけると励みになります。

今回は、PC版Google Chromeの「安全チェック」機能を使ってみました。
「安全チェック」は安全性とセキュリティを管理でき、不正利用されたパスワードやChromeバージョンアップの有無などをチェックしてくれます。
定期的にチェックすることでGoogle Chromeをより安全に使用できます。

スポンサーリンク

PC版Google Chromeの安全チェックを使ってみる

Chromeを開いて「設定」をクリックします。
Google Chrome 安全チェック 開く

左メニューの「プライバシーとセキュリティ」をタップします。
開いたページに「安全チェック」の項目があります。
Google Chrome 安全チェック プライバシーとセキュリティ

安全チェックを開始するには「今すぐ確認」をタップします。
Google Chrome 安全チェック 今すぐ確認

安全チェックが開始しました。
「Chromeの更新」「パスワードマネージャー」「セーフブラウジング」の3項目をチェックしてくれます。
Google Chrome 安全チェック 開始

安全チェックが完了しました。
それぞれの項目の概要が一目で確認できるようになっています。
Google Chrome 安全チェック 完了

ここではChromeのバージョンが最新でなかったのでバージョンアップしてみます。
「再起動」をクリックするとChromeが一旦閉じバージョンアップが行われます。
Google Chrome 安全チェック 再起動

「バスワードマネージャー」ではChromeに登録しているパスワードの脆弱や使い回しをチェックしてくれます。
不正使用されたパスワードもあれば教えてくれます。
Google Chrome 安全チェック パスワードマネージャー

項目をタップすると「パスワードマネージャー」の画面が開きます。
使い回しや脆弱なパスワードを変更したい場合はこちらから対応できます。
Google Chrome 安全チェック パスワードマネージャー

「セーフブラウジング」ではGoogleのリストに登録されている安全でない可能性のあるサイトなどに対して警告を表示してくれます。
Google Chrome 安全チェック セーフブラウジング

こちらの項目をタップするとセーフブラウジング画面が開きます。
保護レベルの設定が可能です。
Google Chrome 安全チェック セーフブラウジング画面1
Google Chrome 安全チェック セーフブラウジング画面2

今回の一言・・・

定期的に安全チェックを行ってGoogle Chromeを最新の状態で安全に活用しましょう。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、良いアプリライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました