ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Windows10 » 【Windows10】狭い場所にもショートカット!スタート画面にフォルダーを追加する

【Windows10】狭い場所にもショートカット!スタート画面にフォルダーを追加する

calendar

こんにちは、K.Kです😀

Windows10の便利機能はさまざまありますが、スタートメニューの電源ボタンの上にフォルダのショートカットアイコンを追加・削除できるのはご存知でしょうか。

画面左下をクリックし、表示したスタートメニューの左側に上下に並んでいるアイコンがそれです。
デフォルトでは、「ドキュメント」「ピクチャ」「設定」アイコンが表示されています。
スタートフォルダ表示 スタート

スポンサーリンク

スタートメニューにフォルダを追加する

まさに画面の隅の細かい部分ですが、すぐに起動できるフォルダアイコンがあるのは便利です。
こんな省スペースに配置できるとは、面白い機能だと思います。

この箇所にいくつかフォルダアイコンを追加してみましょう。

スタートメニューにある「設定」アイコンをクリックします。
スタートフォルダ表示 設定

設定画面が開きます。
探そうとすると迷うので、積極的に検索しましょう。
検索窓に「スタート」と入力します。
スタートフォルダ表示 スタート

入力すると自動で検索候補を表示してくれます。
候補の中にある「スタート設定」を選択します。
スタートフォルダ表示 スタート設定

スタート設定画面が開きます。
「スタートに表示するフォルダーを選ぶ」をクリックします。スタートフォルダ表示 スタート設定

「スタートに表示するフォルダーを選ぶ」という画面が表示されます。
すでに表示できる選択肢は決まっています。
スタートフォルダ表示 スタートに表示

ここでは、試しに「エクスプローラー」をオンにします。
オン・オフの切り替えはクリックするだけでOKです。
スタートフォルダ表示 エクスプローラー

これで、スタートメニューを開いてみると、「エクスプローラー」アイコンが追加されています。
スタートフォルダ表示 エクスプローラー表示

このアイコンをクリックすると、エクスプローラーが開きます。
スタートフォルダ表示 エクスプローラー開く

「エクスプローラー」はオフに戻して、次は「ダウンロード」をオンにします。
スタートフォルダ表示 ダウンロード

スタートメニューを見ると、「ダウンロード」アイコンが追加されています。
オフにしたエクスプローラーは消えています。
スタートフォルダ表示 ダウンロード

アイコンをクリックするとダウンロードフォルダが開きます。
スタートフォルダ表示 ダウンロード開く

今回の一言・・・

今回紹介したスタートメニューのフォルダ追加は非常に地味な機能ですが知っておけば、よく使うフォルダをすぐに起動できるので便利です。
ぜひ自分の使いやすいカスタマイズの設定項目の1つとして調整してみてください。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。