ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Windows10 » 【Windows10】シンプルなスタートメニューを表示!Spencerを使う

【Windows10】シンプルなスタートメニューを表示!Spencerを使う

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

以前、Windows10のスタートメニューをWindows7風にするアプリ「OpenShell」をインストールして使用しました。

今回は、インストール不要な「Spencer」というアプリを使って、スタートメニューをシンプルに表示してみます。

スポンサーリンク

Spencerをダウンロードする

使用するには、Spencerの公式サイトからソフトをダウンロードします。

サイトには、Windows10と8を対象としたWindows XPスタイルのスタートメニューを表示するものとあります。
サイト内にある「Free Download Spencer.zip」をクリックするとダウンロードが開始します。
Spencer 公式サイト

ダウンロードした「Spencer.zip」を解凍します。
Spencer ダウンロード完了

解凍したファイル内にある「Spencer.exe」を右クリックします。
Spencer 解凍後

メニューが表示されるので、「タスクバーにピン留めする」を選択します。
Spencer 右クリック

タスクバーにピン留めできました。
Spencer タスクバー

これで準備OKです。

Spencerを使ってスタートメニューを表示する

使い方はすごくシンプルです。
タスクバーにピン留めしたSpencerのアイコンをクリックする。それだけです。

このように縦長にスタートメニューが表示されます。
Spencer スタートメニュー表示

Windows XPスタイルとはありますが、それとはちょっと違う感じはします。
XPよりもシンプルな縦長にアプリとファイルが並んでいるスタイルになっています。

下にスクロールすると残りのファイルやアプリが表示され、一番下にはシャットダウンボタンが表示されています。
「コントロールパネル」「設定」など、ここら辺の表記は英語になっています。
Spencer スタートメニュー残り

「Shut Down Windows」をクリックするとシャットダウンウィンドウが表示されます。
Spencer シャットダウン

なお、Windows10のスタートメニューはそのままの状態です。
Spencer 10のスタートメニュー

Windows10のスタートメニューに慣れない場合は、このSpencerを使ってシンプルなスタートメニューを使ってみるのもいいかもしれません。
使い分けができるので、試しにSpencerをダウンロードしておくのもありだと感じます。

今回の一言・・・

Spencerはダウンロードするだけで、Windows10のスタートメニューを変更することなく、シンプルなスタートメニューを別途表示することができます。
用途に応じて使ってみるといいでしょう。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。