ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【Windows10】この機能は欲しかった!クリップボードの履歴を試す

calendar

こんにちは、K.Kです😀

自宅のPCでWindows10を最近使うようになりました。
以前はWindows10の新機能「仮想デスクトップ」を紹介しました。

他にもクリップボードの仕様が進化しているようなので使ってみました。

スポンサーリンク

Windows10のクリップボード履歴とは

作業やメールを作成する際に、文字入力をしますが当然コピー&ペーストも行うでしょう。
今までのWindowsだと、一旦コピペした文字を保持することはできません。
新たに文字をコピーしたらそれ以前にコピーした文字列は記憶しておくことはできませんでした。

しかし、Windows10ではこのコピーした文字列や画像を履歴として保存しておくことができます。
正確には、コピー&ペーストした文字や画像のようです。
コピーしただけでは保持はされませんでした。
あくまで一回でもペーストした情報が履歴に残ります。

設定を確認する

試してみる前に、まず設定がONになっていることを確認します。

画面の左下のスタートボタンをクリック→「設定」→「システム」とクリックして進んでいきます。
メニューにある「クリップボード」をクリックします。
Windows10クリップボード 設定

クリップボードの設定画面が開きます。
「クリックボードの履歴」が「オン」になっていることを確認します。
オンになっていれば履歴機能が使えます。
Windows10クリップボード 設定確認

クリップボードの履歴を使う

では、使ってみましょう。
履歴を使うには、「Windowsマーク」キー+「V」キーを押します。

履歴があればこのように表示されます。
項目をクリックすると、ペーストできます。
時間も表示されているのが便利です。
Windows10クリップボード クリップボード

もちろん画像も履歴として残ります。
「すべてクリア」をクリックすると履歴データは消えます。
個別でデータを消したい場合は、それぞれの右にある「×」をクリックします。
Windows10クリップボード 画像も残る

また、項目の右にあるピンをクリックするとピン留めされます。
これはピン留めしたところです。
Windows10クリップボード ピン留め

ピン留めしたデータは、うっかり「クリア」をクリックしても削除できません。
また、通常のデータはPCを再起動したら削除されますが、ピン留めしておけば削除されることはありません。

今回の一言・・・

僕が使っているMacの方は、「Clipy」というアプリをインストールしてコピーデータの履歴を保持しています。

Windows10ではこの機能がデフォルトで付いているのがいいですね。
またクリップボードの履歴は他のWindows10のPCでも共有できるようなので、一歩進んだ機能に感じます。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。