ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【Windows】OneDriveにアカウント登録して使用する

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

Windows10とWindws8.1では、Microsoftのクラウドオンラインストレージサービスである「OneDrive」というサービスが使えます。

GoogleDriveやDropBoxのようなもので、このOneDriveにはフォルダやファイルの保存や共有やOffice365が使用できるサービス体系もあります。
使い方に応じて容量やサービスの追加を決めることができ、そのサービスに応じて料金体系も変わってきます。

今回は、主に無料で登録する方法を試してみました。

スポンサーリンク

Windows10のOneDriveを開く

OneDriveは、基本無料で文書や写真のデータをクラウド上のオンラインストレージに保存できるサービスです。

Windows10のフォルダを開き、左欄にある「OneDrive」をクリックします。

OneDriveが開きます。
OneDrive上のデータであると認識されると、アイコンの左下に緑のチェックマークがつきます。
OneDrive フォルダ

ブラウザ上でOneDriveを開く

ブラウザからOneDriveを開いて、Windows10のOneDriveと同期させます。

こちらのサイトからOneDriveが開きます。

サイトが開いたら、「無料で新規登録」をクリックします。
OneDrive サイト

新規登録画面が開きます。
個人での利用なので「OneDrive」で登録します。
Microsoftアカウントを持っていればそれを使用してサインインします。
持っていなければ新規作成しましょう。
OneDrive 新規登録

アカウントは持っているので、そのままサインインします。
OneDrive サインイン

OneDrive画面が開きました。
初回は「OneDriveへようこそ」というウィンドウが表示されます。
OneDrive 開く

一通り目を通しておくといいかもしれません。
OneDrive 2番目

他のユーザーとデータをシェアして共同作業を行うこともできます。
「はじめましょう」をクリックします。
OneDrive 3番目

ここでは無料版を使用するので、こちらのウィンドウは右上の「×」マークをクリックして閉じます。
OneDrive プレミアム版

これでOneDriveの使用準備ができました。
OneDrive 完了

表示されたデータをみるとWindows10のOneDriveと同期できているのがわかります。
OneDrive 同期

さらに、データをドラッグすることでOneDriveに追加することもできます。
OneDrive データ追加

このように追加できます。
OneDrive 追加完了

今回の一言・・・

今やいろいろな企業がクラウドオンラインストレージサービスを様々な形で提供しています。
OneDriveはWindowsに標準装備されているので、アカウント登録をする必要はありますが、簡単に使うことができます。
大切なデータを紛失することなく保存しておくために設定しておくといいでしょう。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。