【Windows】使い方いろいろ!?タスクバーの設定を変更してみる

スポンサーリンク
Windows10

こんにちは、けーどっとけーです

去年、家で使っているWindows PCを新しく買い替えました。
一昔前に比べるとWindows PCも安い機種が増えました。
新しいPCはサクサク動いて使っていて楽しいですね。

ここ最近はWindows10の設定をいろいろみているところです。
今回は、タスクバーの設定を変更してみました。

タスクバーとは通常の状態だとデスクトップ画面下にある細長い箇所です。
こちらからPCの停止やアプリの起動などできるので操作の起点になる重要なスペースです。
windows10タスクバー

スポンサーリンク

Windows10タスクバーの設定を開く

デスクトップ画面で右クリックし、メニューから「個人用設定」をクリックします。
windows10タスクバー 個人用設定

個人用設定画面が開きます。
左メニューにある「タスクバー」をクリックします。
windows10タスクバー 設定画面

タスクバーの設定画面が開きました。
windows10タスクバー 設定画面開く

Windowsのタスクバーの設定を変更する

一つ一つ設定してみていきます。

初期設定だとオンになっていた「タスクバーをロックする」をオフにすると、タスクバーの高さを調整できます。
windows10タスクバー ロック

デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」をオンにすると、タスクバーが隠れます。
カーソルを画面下に持ってくるとタスクバーが表示されます。
windows10タスクバー 自動的に隠す

小さいタスクバーボタンを使う」をオンにするとタスクバーが小さく表示されました。
windows10タスクバー 小さい

タスクバーの端にある・・・」をオンにすると、
windows10タスクバー 端

このようにタスクバーの端をクリックするとウィンドウなどを非表示にしてデスクトップ画面を表示してくれます。
windows10タスクバー デスクトップ表示

画面上のタスクバーの位置」から通常画面下にあるタスクバーの配置場所を変更できます。
画面の左右上下と配置できます。
ここでは画面右に表示してみました。
windows10タスクバー 位置

タスクバーボタンを結合する」はタスクバーにあるアイコンの形状を選択できます。windows10タスクバー ボタンを結合

「タスクバーに入り切らない場合」を選択するとアイコンが横長ラベルになりました。
(アイコンが増えるとボタン型になります。)
windows10タスクバー 横長ラベル

今回の一言・・・

タスクバーもある程度カスタマイズできるのでいろいろ設定してみて自分にとって使いやすい形にしてみるといいかと思います。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました