ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » ガジェット・モノ » 【Roomba】ロボット掃除機ルンバを一ヶ月半使ってみて工夫した点

【Roomba】ロボット掃除機ルンバを一ヶ月半使ってみて工夫した点

calendar

reload

【Roomba】ロボット掃除機ルンバを一ヶ月半使ってみて工夫した点

こんにちは、K.Kです😀

何回かルンバに関して記事を書いてきました。

最近はお手入れもしました。
お手入れはマメにするといいですね。

今回は使ってみて一ヶ月半たっての個人的な注意点や改善方法を紹介します。
何らかの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

ルンバを使っての感想

使ってみての感想は、本当にもう便利です!
確かに大きなゴミが取れるわけではありませんが、細かいホコリや部屋の端にあるゴミも集めてくれます。
1週間使ってダスト容器内を見れば、どれだけ部屋に細かいゴミが溜まっていてルンバが回収してくれたかがよくわかります。

使う上での注意点

注意としては、部屋はなるべく障害物を取り除いた状態がいいかもしれません。

ルンバは壁やものにぶつかって方向転換して部屋を掃除していきます。
そう!ものにぶつかるのが基本なのです。
壁などの大きな障害物はセンサーで察知して徐行してゆっくりとぶつかるので大丈夫なのですが、ものによってはガンガンぶつかっていくので耐久性が不安になることはあります・・・。

例えば、このメタルラックの床との距離は7cmです。
ルンバの高さはおよそ7.5cmなのでおもいっきりぶつかります。
そのため100均で購入したシートを貼ってぶつかった時の衝撃を軽減しています。
ルンバ感想 メタルラック1

こちらのメタルラックは高さも横幅も十分なので、下をくぐってルンバは掃除をしてくれます。
ルンバ感想 メタルラック2

あと電源コードです。
床に置いている電源コードでルンバはいったん絡まったりしますが、うまいこと乗り越えていきます。

コード一本くらいなら掃除に支障はきたしません。
しかし、個人的には無駄なパワーをルンバに使わせてそうな気がしているので、ルンバを起動する際は電源コードは浮かせています。
ルンバ感想電源コード

段差も注意した方がいいでしょう。
こちらの段差は2cmありあます。
ルンバ感想 段差

このくらいの段差だとルンバは降りることはできますが、登ることはできません。
つまり段差上にあるホームベースに戻ることができなくなります。
なのでここの扉は掃除中は閉めて、ルンバが降りられないようにしています。

段差下のフロアーは、ルンバを直接運んでその中で起動させています。

最後に想定外だったのが、台所の棚のちょっと出っ張っている金具です。
ルンバ感想金具

この扉の開閉の金具がちょうどルンバのフロント部に当たりいきなり傷ついてしまいました・・・。もちろん使う分には支障はありません。
ルンバ ダメージ

この辺りは、購入後に一回部屋で使ってみて気になる点を改善していくのがいいでしょう。
今はこの台所をルンバに掃除してもらう時は、この金具の辺りにバリケードを張ってルンバが入れないようにしています。

今回の一言・・・

ルンバを使って、良かったところや想定外なところもあります。
想定外なところは工夫して使っています。
何と言っても自動で掃除してくれるというのは地味にメリットが大きいものです。
これからもルンバを大事に使っていきます。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。