ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【Mac・iPadOS】バグ修正と改善のために!繰り返されるアップデートの対応を行う

calendar

こんにちは、けーどっとけーです😀

最近、Macを「Catalina」にアップデートし、iPadを「iPadOS」にアップデートしました。

先日、両方のOSのバグ修正アップデートがリリースされました。
新しいOSになってから、何回かバグ修正対応のアップデートが出ていますが、ここはきっちり対応していきます。

なお、iPhoneのiOS1.3向けのバグ修正アップデートもリリースされていますが、僕はiPhoneは持っていないので、ここは割愛します。

スポンサーリンク

Catalina10.15の追加アップデートを行う

画面右上のリンゴマークから、「システム環境設定」をクリックし「ソフトウェアアプデート」を選択します。

Catalinaの追加アップデートがあることがわかります。
Catalina 追加アップデート 確認

「詳しい情報」をクリックすると、アップデート内容を確認できます。
Catalina 追加アップデート 詳細

主に信頼性の改善や問題の修正・解消になります。
「今すぐインストール」をクリックするとアップデートが開始します。
Catalina 追加アップデート インストール開始

アップデートは再起動を要します。
「ダウンロードして再起動」をクリックします。
Catalina 追加アップデート 開始ご

ソフトウェアのダウンロードが完了したら、コンピュータの再起動を行います。
Catalina 追加アップデート 再起動

追加アップデートのインストールが行われます。
ここは10〜20分ほどかかりました。
Catalina 追加アップデート インストール中

再起動後、「ソフトウェア・アップデート」を確認するとMacが最新の状態になっています。
Catalina 追加アップデート 最新の状態

iPadOS13.1.3のアップデートを行う

iPadOSもアップデートを行いましょう。

「設定」から「ソフトウェア・アップデート」を選択します。
新しいバージョン「iPadOS13.1.3」がリリースされています。
iPadOS 追加アップデート 確認

「詳しい情報」をタップすると、今回のアップデートの詳細をみることができます。
こちらも問題の修正対応が多いです。
iPadOS 追加アップデート 詳細

「ダウンロードしてインストール」をタップして、アップデートを開始します。
iPadOS 追加アップデート 開始

ソフトウェアのダウンロードが完了したら、「今すぐインストール」をタップします。
iPadOS 追加アップデート インストール

iPadもインストールは再起動で行われます。
iPadOS 追加アップデート 再起動

再起動後、「ソフトウェア・アップデート」を確認すると最新バージョンに更新されています。
iPadOS 追加アップデート 最新

今回の一言・・・

Catalinaは最初のバグ修正アップデートですが、iPadOSは3回目のアップデートになります。
リリース後なので修正アップデートが多いかと思いますが、急ぎでなければ新OSのアップグレード自体をもうちょっと待った方がいいという選択肢もありかもしれません。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。