ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【Mac・Android Studio】Android Studioの構成

calendar

reload

こんにちは。

今回は、作成したプロジェクトの構成を見てみたいと思います。
Android Studioを開始すると、作成したプロジェクトが表示されます。

↓ 大まかには、appフォルダとGradle Scriptsというのに分かれるようです。
 appはクラスファイル等が入っているんでしょう。
 Gradle Scriptsというのは、Groovyをベースとしたビルドシステムとのことですが、
 よくわからない。。。
 記述や実行がStrutst等より楽だそうですが、これは後回しにしますか💦
構造1

↓ さらに、appフォルダを開くとこんな感じです。
  manifestsフォルダ、javaフォルダ、resフォルダにわかれてます。
構造2

以下、それぞれのフォルダ内のファイルを見てみます😃

⚪manifests
AndroidManifest.xmlが入っています。
ファイル名は変えない方がいいようです。
作成するアプリ情報を設定する大事なファイルです。

⚪java
見ての通りのjavaクラスを格納するフォルダです。
起動時に、ここにあるMainActivity.javaが呼ばれて処理が実行されるようですね。
他には〜Testと書かれたファイルもあるので、単体テストをする際に
使用できそうです。

⚪res
 ・drawable
  アプリ内で動くグラフィック的な情報をxmlファイルに記述。
 ・layout
  アプリのレイアウト情報をxmlファイルに記述。
 ・mipmap
  アイコン画像を格納します。
 ・values
  文字列情報(書式やスタイル)をxmlファイルに記述。

今回は、Android Studioのユーザーガイドを参考させていただきました。
今日はここまで。

ではまた次回✋