ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

【Mac・Android Studio】ストップウォッチを作ってみる(番外:バージョン設定その2)

calendar

reload

【Mac・Android Studio】ストップウォッチを作ってみる(番外:バージョン設定その2)

こんにちは。

今回は、前回の続きでアプリのエニュレータ起動に失敗した
問題の解決をします😀

一先ず、設定できる箇所を全てAndroid Studio4.4に設定してみましょう。

↓ 作成したプロジェクトの設定を確認するには、
  Android Studioのメニューバーから、
  ファイル>プロジェクト構造を選択します。

↓ プロジェクト構造画面が開きます。
  Projectは見ての通り、初期に設定したように4.4になってますね。
  ここはGradleと書いてある通り、アプリの起動を助けてくれるGradleの
  バージョンが4.4ということなのでしょう。

↓ 次にappというタブを押すと、SDKバージョンという箇所があります。
  バージョン8.1になっていたので、以下のように4.4に変更します。

↓ Flavorsタブを選択すると、Min Sdk VersionとTarget Sdk Version
  という箇所があるので、両方とも8.1から4.4に変更します。

↓ するとバージョンに合わせてプロジェクトの再構成が始まったようです。
  以下のような読み込み画面になるので、しばし待ちます🙂

↓ 読み込みが終了したと思ったら・・・
  なんと!エラーが出ました💦

↓ 具体的には、またR.javaでエラーになってますね・・・。
  R.javaはxmlファイルを読み込み際に、自動生成されるので、
  このエラーが出るのは、どこかのxmlの記述がおかしいことを
  意味してます。

処理を書き加えたactivity_main.xmlを確認してもおかしそうなところは
見当たらないんですよね・・・😅

そこで、プロジェクト構成に関して調べてみてわかったことは、
先ほどの設定を全て4.4に変更してしまったことが問題のようです。

公式のAndroid4.4 APIのページを読んで推測を立てました。
appは作成するアプリ(activity_main.xmlとかMainActivity.javaとか
の対象バージョンです。
Min Sdk Versionは対象としたい最低限のバージョンを指定するものです。

今回の対象としては4.4だけで動くアプリを作るのでなく、8.1から4.4
までのバージョンで動くアプリを作成すればいいのかと思います。
よくよく考えれば、最新のバージョンを無視して4.4のみ対象のアプリを
作る意味がわかりませんものね😓

なので、プロジェクト構成を修正します。

↓ Sdkのバージョンはデフォルトの8.1に戻します。

↓ Min Sdk Versionを4.4にします。
  その下のTarget Sdk Versionはデフォルトの8.1にします。

↓ これで、再構成すると、また別のエラーが出てますね☄
  どこで設定したか覚えてませんが、赤枠の部分を消したらエラーは
  消えました。

これで、前回作成した4.4対応のエミュレータでアプリを動かしてみましょう✌

↓ 無事に表示されました😁

なかなか勉強になりましたね。

これからも基本は最新バージョンで作ることにして、
対応させたい旧バージョンがある場合は、Min Sdk Versionで指定
するようにします。

今日はここまで🤚

では、また次回。