【Mac】iPhoneやiPadの使用時間も確認できる!Big Surにアップデート後に「スクリーンタイム」を有効にして使う

スポンサーリンク
Mac

こんにちは、管理人のけーどっとけーです。

仕事で使うPCはWindowsですが、当ブログはMacで作成しています。
Macはサクサク操作できる印象なので作業していても楽しいというのがあります。
そのようなわけでもっとMacを快適に使っていきたいと思っています。

今回は、macOSをBig Surにアップデートしたあとにスクリーンタイムを使ってみました。

こちらmacOS Catalinaで追加された新機能で、Macを使っている時間管理やアプリの制限などが設定できます。

こちら、Catalinaで使用していてもBig Surのアップデート後では無効になっていました。
継続して使用するには有効にする必要があります。

スポンサーリンク

Big Surでスクリーンタイムを有効にする

画面左上のリンゴマークからシステム環境をクリックして開きます。

システム環境設定画面にある「スクリーンタイム」をクリックします。
Big Surスクリーンタイム システム環境設定

スクリーンタイムが開きます。
使い方を確認して「続ける」をクリックします。
Big Surスクリーンタイム 使い方

スクリーンタイムの設定画面が開きました。
今は無効(オフ)の状態です。
Big Surスクリーンタイム 開く

「オンにする」をタップすると有効になります。
Big Surスクリーンタイム 有効に

スクリーンタイムで使用時間をみてみる

左メニューにある「App使用状況」をクリックするとどのアプリをどのくらい使っているかをグラフ表示してくれます。
有効直後に開くとまだデータは反映されていませんでした。
Big Surスクリーンタイム 使用状況

データが表示されるとこのような感じです。
時間も見やすく整理されています。
また画面下のリストから同期しているデバイスを選択できます。
Big Surスクリーンタイム データ反映

持っている「iPad」の使用時間を確認してみました。
しかし、まだ同期できていなかったようです。
Big Surスクリーンタイム iPad

次の日見てみたらiPadの使用時間が表示されました。
Big Surスクリーンタイム iPadの時間

他の機能をみてみる

左メニューから他の機能を設定することもできます。
ここでは使うことが多そうな機能をみてみることにしました。

持ち上げ/再開」を選択すると、Macの起動回数が日毎に表示されます。
またその平均値も表示されています。
Big Surスクリーンタイム 再開

休止時間」では使用したくないまたはさせたくない休止時間を設定することが可能です。
Big Surスクリーンタイム 休止時間

App使用時間の制限」では特定のアプリの使用できる時間を設定できます。
Big Surスクリーンタイム 使用時間の制限

常に許可」を選択すると休止時間中でも使用できるアプリを登録できます。
Big Surスクリーンタイム 常に許可

コンテンツとプライバシー」の設定項目もあります。
未成年が使う場合はこちらの設定をしておくといいかも。
Big Surスクリーンタイム プライバシー

今回の一言・・・

普段使う場合は有効にしておき、どのくらい時間を無駄にしているかなど振り返る場合に確認してみると面白いかもしれません。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました