【Mac】Catalinaへは更新したけれども・・・システム条件に合わずSidecarが使えなかった話

スポンサーリンク
Mac

こんにちは、けーどっとけーです😀

とうとう今年楽しみにしていたmacOS Catalinaへアップデートが完了しました。

Catalinaを使う上で楽しみにしていたのが、iPadをMacのサブディスプレイとして使うなど連携機能が強化された「Sidecar(サイドカー)」という機能です。

Sidecarを使用するにはMacとiPadを用意し、macOSをCatalina、iPadのOSをiPadOSにする必要があります。

設定も準備したところで、いよいよSidecarを使おうとしたら、使えなかったという話です・・・。

スポンサーリンク

Sidecarとは

Sidecarを使うと、MacとiPadを連携させてMacの画面をミラーリングまたは拡張させてiPadを使用することができます。

また、Sidecarを使用中にApple Pencilを用いてiPadをマウスやトラックパッド代わりに使用することもできます。

Sidecarの使い方に関しては、こちらの公式サイトを参照してください。
Sidecar 公式サイト

まずは、このようにMacとiPadを並べてSidecarを使用します。
Sidecar 使う準備

Sidecarが使えない

MacとiPadを並べたところで、早速Sidecarを起動してみました。

公式サイトの使い方によると、MacのメニューバーのAirPlayアイコンかシステム環境設定の「Sidecar」パネルをクリックするとのことです。
Sidecar 設定の仕方

しかし、メニューバーにAirPlayアイコンは見当たらず・・・
Sidecar メニューバー

システム環境設定内にも「Sidecar」パネルがありません・・・。
Sidecar システム環境設定

変だなと思い公式サイトの使用条件を探してみました。

そしたら、なんとSidecarのシステム条件に合っていませんでした・・・。
使用しているMac Book Proは2015年モデルです。
Sidecar 2015年モデル
しかし、Sidecarを使うにはMac Book Proだと2016年以降のモデルである必要がありました。
Sidecar システム条件

うーん、これはとても残念でした・・。
結論として、2015年モデルでもCatalinaをインストールすることは可能でしたが、Sidecarを使うことはできませんでした。

Sidecarはハード依存するような機能でもないようなので、OSが対応しているなら2015年モデルでも使えて良さそうなものなんですけどね。

今回の一言・・・

Sidecarを使うのは非常に楽しみにしていたので、これは非常に残念でした・・・。
来年新しいMacに買い換える予定なのでその時に改めてSidecarを試してみることにします。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました