ハジカラ 〜はじめからでも、プログラミング勉強〜

入門向けに、IT関連(javaやKotlin)をコツコツ書いたり検証したりします。

Home » Mac » 【Mac】誰でも参加できる!Apple Beta Software Programに登録する

【Mac】誰でも参加できる!Apple Beta Software Programに登録する

calendar

こんにちは、K.Kです😀

新元号である「令和」に対応しているmacOS Mojaveの新バージョンのベータ版が出ていますが、Apple Beta Software Programに登録すれば実は誰でも使うことができます。

スポンサーリンク

Apple Beta Software Programとは

Apple Beta Software Programとは、ソフトウェアアップデートから最新のパブリックベータを手に入れ試用することができるプログラムです。
対象となるMacのソフトウェアは、macOS・iOS・tvOSの3種類があります。
Mac製品を所有していれば無料で誰でも参加することができます。

しかし、あくまでベータ版なのでもしもの時のために事前にバックアップを取っていることが必須になります。

今回は、Apple Beta Software Programの登録を行ってみます。

Apple Beta Software Programに新規登録する

まずは、Apple Beta Software Programのページにアクセスします。

ページが開いたら、「登録」をクリックします。
Apple Beta Software Program登録

Apple IDでサインインします。「サインイン」をクリックします。
Apple Beta Software Program登録 Apple ID

デバイスのサインインを許可します。
「許可する」をクリックします。
Apple Beta Software Program登録 許可

8ケタの確認コードが表示されます。
これをApple Beta Software Programの元画面の本人確認の確認コードに入力します。
Apple Beta Software Program登録 認証

確認コードを入力したら、「続ける」をクリックします。
Apple Beta Software Program登録 確認コード入力

「Apple Beta Software Program契約」が表示されます。
Apple Beta Software Program登録 契約

契約を確認したら、「承諾」をクリックします。
Apple Beta Software Program登録 契約確認

サインインできました。
Mac BookのOSをバージョンアップさせたいので、「macOS」をクリックします。
Apple Beta Software Program登録 サインイン

ベータ版をインストールするには、「お使いのMacを登録」をクリックします。
Apple Beta Software Program登録 Mac登録

ベータ版をインストールしてバージョンアップするには3段階のステップを行います。

まずは、MacのTime Machineを使ってバックアップを取ります。

Apple Beta Software Program登録 バックアップ

次に使用しているMacを登録します。
Apple Beta Software Program登録 Macの登録

最後にmacOSにベータ版をインストールします。
Apple Beta Software Program登録 インストール

最初のバックアップで時間を使うので、ベータ版のインストールはまた別の機械に行います。

今回の一言・・・

ベータ版のインストールを一般公開していたとは知りませんでした。
最新の機能を早めに使えるのはワクワクします。
フィードバックも送信できるので、積極的に参加していこうと思います。

ここまで読んでくれてありがとう。
では、また次回。